2013年12月28日土曜日

macのOSを再インストールする羽目になった



バックアップ用のHDDをAmazonで購入したのですが、そのHDDがバックアップ中に突然クラッシュ…。
移動中のデータと整合性が取れなくなり、内部のバックアップエリアが破損しました。
その結果異常にバックアップファイルの容量が肥大化してどうにもならなくなりました。
HDDは新品に交換してもらいましたが、データは新品に交換することは出来ません。
よってOSを初期化する羽目になりました…。

恐らく大半のデータは無事なのかなと思いますが、どのデータが壊れてどのデータが無事なのかが分からないため、バックアップは殆ど取らずに初期化中です。
まぁまだ2週間位のデータですから、そんなに影響はありませんが、正直ショックです。

同じメーカーの同じHDDに交換してもらったのですが、またクラッシュしなければいいのですが……。

2013年12月27日金曜日

iPhone5のバッテリーが死んでる件

私のiPhone5は予約して発売日に購入したので、かれこれ1年以上経過しています。
それでもまだ1年しか経過していないとも言えるのですが、バッテリーが完全に死んでます。
症状は、バッテリーの減りが以上に早く、1日使用することができない。
でもそれはまだいいんです。

問題は、バッテリー残量が50%残っているのに突然電池が切れて使用不可能になることです。

この前本当にビビったのは、まだ50%あるなーと思って充電せずそのままにしておいたのですが、そんなときに上司から電話がかかってきて電話を取って2秒後ぐらいに突然電池切れ。
急いで充電器に指しても1分くらい電源が入らないので本当に焦りました。
相手からしたら電話に出た瞬間突然切ったと思い、ものすごく不愉快だったと思います。
しかもそれが上司とか本当に笑えなかったです。

その後フォローをしてなんとかなりましたが、iPhoneにムカついたのは初めてかも知れません。
これを機にauショップで何とかしてくれと頼みましたが、「そんなの知らねーよ、うちじゃなくてアップルに聞けば?」と軽くあしらわれてしまいました。
(実際は口調だけは丁寧だったけど)
アップルケアでどうにかなるのかな?とも聞きましたが、「だから知らねーっつってんだろ?お宅が自分で勝手に聞けよ!」(口調は事実と異なります)
と言われてしまったので、最後に、
スマートパックって途中で解約しちゃうとアップルケアの修理代が自己負担になるらしいけど、私は途中解約してないか確認してもらってもいいですか?とも聞きました。その答えは・・・
「は?過去のことなんて知るかよ。そんなに知りたきゃauのサポートセンターにでも電話して聞けば?自分でな!!」(やっぱり口調だけはすごく丁寧ですよ?)
と、もはやまったく仕事をしてくれないauショップでした。


すべてサポートセンターに任せるんだったら店舗意味ないじゃん!
もはやショップっていらないんじゃない?
と友達に愚痴りながら帰宅しました。

そしてアップルのサポートセンターに電話して今の状況を伝えたら、親切そうなお兄さんが丁寧に診断してくれて、それは故障ですので無償で修理いたしますと言ってくださいました。
発送修理というか交換でも出来るらしいですが、家にいない時間の方が圧倒的に多いので、実店舗で交換してもらうようにしてもらい、後日直接出向いて修理を依頼します。

やっぱりアップルケアは入っておくべきですねー、入っていなければ有償修理で7800円取られますからね。
と言ってもapple care+は9800円かかるのでマイナスちゃマイナスですが、こんなにスムーズに対応してくれるのはアップルケアに入っているからこそですので、マイナスだとは思っていません。
電話サポートしてくれるのはアップルケアの会員だけというのはケチだという方もいらっしゃいますが、あんなに丁寧でものすごく教育を受けてきたんだなというのがよくわかるサポーターからサポートを受けられるんですから、有料でも十分に納得できちゃいます。
iPhone、iPod touch、macbookとmacにどんどん囲まれてきた私は気がつくと信者への道を進んできたようです。
でもそれだけすごいんだというのがよくわかりました。

今気がついてしまったんですが、今月の電話履歴で一番多いのがなんとappleでしたwww
まぁ友達とか彼女とかはlineが多いので仕方がないのかもしれませんが、これにはちょっと引きましたw

アップルは製品が独特ですが、サポートまでアップルらしさがありますね。もちろんいい意味で。
現在キャリアはau、docomo、SBの3社ですが、万が一アップルが参戦したら間違いなくアップルに変更するくらいにはアップルが好きみたいです。
皆さん、アップル製品を購入するならぜひアップルケアには加入しましょう。

そしてアップルからサポートを受けまくれば気がつけば信者です!w
ではまた次の記事で......

2013年12月14日土曜日

お届け予定日が変わった!!

前の記事でお届け予定日が19日だと書きましたが、つい先ほどメールが来まして、お届け予定日が17日になりました!



上海工場から発送されて家につくのは3日後というのは前回言った通りですが、そもそもApple Online Storeが発送するのは営業日だけ。
その営業日というのは土日祝日を以外の平日だけだったはずなんですが、なんと土曜日の本日発送されました。

今日はいわゆる年末年始ゆえの”例外”なのでしょうか?
その辺りはよくわかりませんが、今日発送してくれたのはすごく嬉しいです。

これでバイトも頑張れる!w

届き次第レビューを行いたいと思います。
一番気になっているバッテリーの駆動時間の方も、VMwareでwindowsを起動してどれくらい持つのかもチェックしたいと思います。

2013年12月13日金曜日

マックストアのお届け予定日は信用出来ない!

11月26日にマックストアからパソコンを購入したのですが、出荷予定が1周間から2週間となっていて、お届け予定日が12月9日から16日となっていました。

色々調べていたので、出荷してから家に商品が届くまでには3日ほど掛かるというのは分かっていたので、どう考えたって今日(12月13日)までには出荷していないといけないはずなのに出荷準備すら終わっていないという状況。

連絡も一切来ないし、サイトは更新されないし、さすがにちょっとイライラしてくる。
というわけで仕方なく電話して聞いてみることに。
というか、電話すると自動アナウンスで、納期のお問い合せは4番を押してくださいって言っているので、別窓口にするくらい問い合わせが多いのか。

4番を押すと速攻お兄さんが、お待たせしました!と対応してくださったので、客を待たせないという点はすごく関心。
そして肝心の納期に関して聞いてみると、案の定納期には間に合わないだろうというお言葉を頂きました。

そしてその理由として、16GBのメモリがなかなか手に入らないということらしい。
もう少し時間がかかるということで、納期が分かったら電話するよとのこと。

いやまぁ納期に間に合わないのは正直仕方がないことだと思いますよ。
LPDDR3の16GBのメモリは数自体少ないですからね。
でも遅れるなら遅れるでメールでも何でも連絡出来ますよね?
どうして今更になってメモリの入荷が遅れて・・・という言い訳がましいことを言われてしまうのか。

そして今もう一度マックストアの注文状況のページを確認すると、更新されていました。
出荷予定日、1営業日(つまり12月16日)でお届け予定日が12月19日。

うーん、納期が分かったら電話するよ!って言ってたのにまだ連絡が来ないということは、この納期は正しくないということか?
でもお届け予定日は○○日~○○日というものではなく、19日だと断言されている。
これが正しい納期だと信じたい。
もしクリスマス以降まで納期が伸びるようなら、もうマックストアからは買いたくないな~。

2013年12月2日月曜日

メモリはどのくらい使ってる?

私の普段使いPCは、Haswell世代のcore i5-4570を搭載して、メモリはDDR3-4GBを二枚挿して8GBで使用しています。
当初は8GBを二枚挿して16GBにしようかと思いましたが、実際そんなに使うことはないだろうということで8GBにしました。
私のパソコンの使用用途は、ゲーム・動画編集(エンコード含む)・ネット・動画鑑賞と言った感じです。
では実際にPC使用中の使用メモリを見てみます。




CPU使用率の変動が激しいですが、これは動画編集をしている時だからです。
使用メモリを見てください。(左の赤丸)
使用メモリは4.20GBと半分をちょっと超えたくらいですね。

しかし、ここで気をつけて欲しいのは、左の赤丸の使用メモリは、PCが使用したいと思っているメモリではないんです。
実際にソフトウエア側要求している(使用している)メモリは右側のコミットというものです。
正式名称はコミットチャージと言うんですが、この値こそ実際の総メモリ使用量なんです。
正確には、スラッシュの左側が総メモリ使用量で、右側が総メモリ容量です。
ですので、左の赤丸の部分が4GBしか使用してないからといって、なんだ全然足りてるじゃんと思ったら大間違いです。

私の使い方では6GB使用しているみたいです。
じゃぁ11GBってなに?って思った方は鋭いですね。
私のパソコンでは8GBしか搭載していないのに、総メモリ容量が11GBとなっています。
実はこの容量の違いは、仮想メモリというものが関わっています。

みんながみんな8GBや16GBなど大容量なメモリを搭載できれば問題はないんですが、タブレットPCやウルトラモバイルPCなど4GBや2GBしか搭載していないPCは数多くあります。
そんなPCで私のように6GBもメモリを使用したらどうなってしまうでしょう?
結果はクラッシュです。
そんなことが起こらないように、たとえ遅くなっても構わないからクラッシュだけは避けなければいけません。
そこで登場するのが仮想メモリです。
仮想メモリとは、HDDやSSDの容量から一部を使用してそれをメモリとして扱う機能です。

HDDなんて今や4TBの時代ですから、じゃぁ最初からHDDから拝借すればいいじゃん!
又は、メモリなんて搭載しないでHDDだけでいいじゃん!
と思った方もいるかもしれませんが、それは駄目なんです。

理由は簡単。
HDDやSSDはメモリと比べてあまりに遅いからです。
HDDはメモリと比べて100分の1程度の速度しか出せません。高速と呼ばれているSSDでさえ20分の1しか出せないんです。
他にもまだまだいろんな問題があり、HDDやSSDはメモリの代わりには出来ないんです。
それでもメモリのお手伝いなら出来るんです。
メモリの中のデータにもしばらく使用していないデータや、メモリが少なくて扱いきれなかったデータをHDDの中に入れておくんです。
それが仮想メモリという機能です。

でもやっぱり仮想メモリは遅いので、そのデータを使おうと思うと途端に動作が遅くなってしまいます。
パソコンがなんか重いなー思ったり、ソフトを起動するのが時間かかるなーと思う原因がここにあるんです。
ですから極力仮想メモリを使わないように、メモリを増やしてあげたり、定期的にキャッシュを消してあげる必要があるんです。

みなさんのパソコンもタスクマネージャーを開いて見てみてください。
見るときはもちろん自分が使っててちょっと重いなーと思うときや、自分が行う作業の中で一番負荷が大きいと思うことをしている時がいいです。
タスクマネージャーの中で、物理メモリの下に合計とあると思いますが、それがあなたのパソコンに搭載されているメモリ容量です。
その容量とコミットを見比べてみてください。
コミットの方が多ければ、メモリを増設することでパソコンの処理速度の向上が見込めます。
逆にコミットよりもメモリ容量の方が多ければそのままで構いません。
その状態でも重いと思うのであれば、原因は他にあると思います。

少しでいいのでぜひ使用メモリを気にしてみてはいかがでしょうか?


macbook proの13インチと15インチの違いまとめ

Appleから発売しているMacBook Proですが、同じMacBook Proでも13インチと15インチでは結構性能が違うんです。
違いを簡単に表にまとめたものがこちら。

  13インチ 15インチ
CPU 2.0GHz or 2.3GHz core i7クアッドコア(core i7 2.6GHzクアッドコア) 2.4GHz or 2.6GHz core i5デュアルコア(core i7 2.8GHzデュアルコア)
メモリ 4GB or 8GB (or 16GB) 8GB or 16GB
SSD 128GB or 256GB or 512GB (or 1TB) 256GB or 512GB (or 1TB)
GPU CPU内蔵 CPU内蔵 or GT750M
駆動時間 9時間 8時間
重量 1.57kg 2.02kg
カッコ内はオプション扱いのもの


主な違いを赤字で示しました。
個人的に大きく違うと思うのは、やはりCPUです。
周波数こそ13インチの方が高いですが、デュアルコアとクアッドコアの違いは想像以上に大きいです。
特に、私のようにMac内でWindowsを動かそうとしたり、動画編集をやろうと考えるとデュアルコアでは少し不安が残ります。
もう一つはGPUです。
こちらも動画編集には大きく関わってくると思いますが、最近ではCPU内蔵のものでも十分耐えうると思いますのでゲームをしたり、プロフェッショナルな方でない限りはそこまで不安はないです。

続いて駆動時間ですが、13インチは9時間、15インチは8時間と若干15インチの方が駆動時間が少ないです。これは完全にCPUのせいでしょう。
GPUも搭載していますが、駆動時間テストの時は外部GPUに負荷がかかるようなテストはしませんので表示上の駆動時間は短くならないことが多いです。

 

逆に言うと、実際に外部GPUに負荷がかかるような使い方をするとあっという間にバッテリーが無くなってしまうということです。


これはAppleに限らずほとんどのメーカーさんも同様です。
皆さんPCを買うときは気をつけてくださいね。

話を戻します。
そして私が15インチを選ばない理由がこれ。
なんといっても、重量です。
私が現在使用していて、学校に持ち込んでいることも多いPCが、Asus U24Eという機種です。
重量は1.5kgで、移動して使うことしか考えてないので最初からHDDをSSDに換装しています。

このパソコンには1年以上お世話になっていますが、現在でもモバイル端末として活躍しています。
理由は学校のPCよりも性能がよく、使いやすいことです。
このパソコンのようにMacも使いたいと考えているため、私はほぼ同じ重量である13インチがいいと思います。


今回のHaswell世代のmacは総じて消費電力が低く、駆動時間が長いと好評のようです。
私のU24Eはメーカー公称駆動時間こそ6.8時間ですが、この6.8時間は輝度最低、ネットに接続しないでBluetoothのオフ、省電力モードでメモ帳で何かを記入している時くらいしか実現しませんでした。
というか、HDDの時はこの公称値にはどうやっても届かないと思います。
少しでも駆動時間を伸ばすならSSDは必須です。
私の使い方で(輝度最低、Wi-Fiオン、Bluetoothオン、省電力モード)4、5時間くらいです。
HDDの時では30分ほど駆動時間が短くなります。
macbook air 又は pro であれば標準でSSDですので駆動時間にも貢献しているのでしょう。
macbookを手に入れたら、駆動時間もレビューしていきたいと思います。
少なくともU24Eより駆動時間が長く持ってくれないと泣いちゃいますw

ではまた次の記事で

2013年11月23日土曜日

新型AtomはCore2Duo並の性能!?

こんばんは、最近寒くなってきて、学校かバイト以外では外に出たくないですねw

部屋にこもってパソコンいじっているだけで過ごしたいなーと思いますが、学校もバイトも忙しくて部屋にいる時間はほとんどありません。
そんな時に欲しくなるのは、そこでも持ち運べるようなパソコンですね。
どこでも運べると言ったらやっぱり7インチくらいでしょう。
9インチはちょっと大きいので、持ち運ぶには7インチがちょうどいいと思います。

私はすでに7インチのタブレットである、NEXUS7(2013)を所持しているのですが、やっぱりパソコンじゃないので、プログラムを書きたくても開発環境は入らないし、ゲームやりたくてもGooglePlayにあるアプリしか使えません。
やっぱり使い慣れたwindowsのゲームがやりたい!
そんな需要は結構あるらしく、各社x86系windows搭載タブレットを発売しています。


しかし、そこに搭載しているのはIntel Atomというマイクロプロセッサです。
私も今から3、4年位前にAtomを採用しているパソコンを購入したことがありますが、遅くて仕方がなく、使いものにならないという印象でした。
では今のAtomも使いものにならないんじゃないか?

いいえ、そんなことはないようです。
今回発売しているAtomはZ3740というものですが、これと今までのAtomは大きく異なり、GPU(グラフィック用プロセッサ)をPowerVRから、自社製に変え大きくパワーアップ。
そしてプロセス・ルールを22nmと微細化し、省電力になった分CPU数を二倍に増やし、クアッドコアになりました。
その結果、core2duoと同等の性能まで上りつめました。

passmarkという大手ベンチマークサイトによりますと、core2duoと同等どころか、同クロックであれば1.6倍の性能
同性能のcore2duoで比較すると、core2duo T7250 2.0GHzと同等みたいです。

このT7250はTDPが35Wですが、Z3740はなんと2W!!

これは衝撃ですねw
core2duoは当時省電力&高性能で有名でしたが、それでも17.5倍の開きがあるんです。
2Wってもはやそこら辺で売ってる単三電池で普通に動いちゃうくらい省電力です。
ちなみに、ちょっと古いパソコンの待機電力(シャットダウン時)は2W~5Wくらいと言われています。

 

つまり、このCPUだけならフルロード時(CPU使用率100%状態)でもパソコンの待機電力より電気を食ってないんですよ!!


フルロード時で2Wならアイドル時の消費電力って一体・・・・・・。
考えただけでワクワクしますねw
そんなワクワクを与えるだけの事ができるIntelに脱帽です。

ただ、私が買おうと思うまでには他の部分が至っていないというのは現状です。
現在出ているタブレットの多くが、CPUは先ほどまで説明したZ3740ですが、メモリが2GBしかなく、windowsとしてはかなり少ない部類です。
windowsRTであれば十分かもしれませんが、windowsのソフトの多くはメモリの大食いばかりなので、やはり4GBほしいです。
あと気に入らないのが、液晶です。
最近のタブレットの多くがフルHD以上の液晶を搭載しているのにもかかわらず、未だに1280x720を採用しています。
windowsは解像度こそ正義!というかのようにドットバイドットで大きさを決めていますので解像度がそのまま情報量に直結するんです。

私の理想は、
CPUはZ3740の上位にあたるZ3770
メモリはLPDDR3の4GB(デュアルチャンネル)
SSDはeMMCでいいので64GB以上
microSDソケット付き
液晶はIPSで1920x1080以上
AtypeUSB搭載
連続駆動時間10時間
といったところでしょうか。
これが4万円台なら迷わず買います。

ASUSさんwindows機もぜひ作ってください!

 




2013年11月19日火曜日

エンコードについて

こんばんは、最近PCを買い替えて(作り替えて)、慣らしを兼ねてPCに負荷をかけることが日課となっています。
最初は負荷専用のソフトであるprime95を走らせていたのですが、ただただ重いだけの負荷を与えているだけなんてリソースがもったいないなーと思い始めてきました。

私は高校の時はPT2とcore2Quadを使用したハイエンドマシンを用いてエンコードをしてと言うか極めていたのですが、レコーダーを購入してからというもの一切エンコードをしなくなっていました。
エンコードと言ってもただのエンコードではなく、地上波の1440x1080iから1920x1080pにアップコンバータをしつつ、低容量高画質にすることが言ってみれば使命でした。

エンコードといえば高負荷ですよね?
私のPCの場合、超大量のフィルタを通し、2passハイクオリティモードでエンコードするため、24分のアニメをエンコードするためには4時間~6時間必要でした。
そのため、PCは24時間起動し、エンコード用のPCの他に、録画サーバーPCと動画編集用PCが必要というある意味廃人のような環境でした。

今回は、さすがにそこまではしませんが、手元にちょっとしたDVDがあるため、720x480i(正確には違う)を720x480pにし、様々なフィルターをかけて高画質にしてみます。
その過程だけをちょっとだけ紹介します。

まず使用するソフトはもちろんエンコード職人御用達のAviUtlです。
フリーソフトですが、極めて自由度が高く、使用するプラグインによってどんなエンコーダーにも化けることができる恐ろしいソフトです。
ただ、難易度が非常に高く、映像やエンコードに関して知識がなければ何も出来ないソフトになってしまいます。
人に聞かないと何も出来ないという方は手を出さないほうがいいでしょう。



今回エンコードする動画は、神のみぞ知るセカイのOP,EDを歌っているeyelisさんの初回限定盤に付属するDVDです。
DVDの中身はOP,EDのノンクレジット版です。

まずはオリジナルを見て行きましょう。




ぱっと見そのままでも画質は問題ないと思うかもしれませんね。(というよりもアスペクト比がおかしいほうが気になる・・・)
このままではわかりにくいので、拡大して見てみましょう。



ノイズが結構乗っているのが分かってくれると思います。
こういうノイズがDVDには大量に発生しています。
これにフィルターを通すとどうなるか?
わかりやすいように並べて見ました。

書いてある通り、左がフィルタをかけていない状態、右がフィルタを掛けた状態です。
まだ値を詰めていないので完璧ではありませんが、ノイズが圧倒的に減っていると思います。

ここで使用したフィルタは、ノイズ除去系3種類と、シャープ化系2種類と色調補正です。
フルHDだと結構重いフィルタが満載ですが、DVD程度であれば全然余裕でした。



さらに、ここまで来ると気になってしまうのが、ドットの大きさ。
720x480というサイズは、ブラウン管の頃は良かったのですが、現在のフルHDの画面で見てしまうと粗さが目立ってしまいます。
そのため、今回はこれらのフィルターに更に720pへとアップコンバータさせてしまうことにしましょう。


まずは何も考えずに1280x720へとリサイズしてみます。(ついでにアスペクト比も修正)

性能の良いリサイズ用のプラグインを使用したので、画像の粗さは全然目立たなくなりましたね。
ただ、この状態で例えばニコニコ動画に投稿しても、神画質なんてタグは到底付けられません
それはなぜかというと、720p化したことで粗さこそは目立たなくなりましたが、今度はすりガラス越しで見ているような霧がかったような、ボケた絵になっていると思います。
これじゃぁアップコンバートした意味が半減してしまいます。
というわけで、ちゃんとアプコンらしくフィルタをかけてみました。

上の画像よりもエッジがかかっているのがわかるでしょうか?
このままだと線が太いので、修正したいのですが、ずっと使っていたフィルタの名前を忘れてしまっているため、使用していません。(先が太くてちょっと気持ち悪い・・・)

さて、ここまでフィルタをかけてきましたが、最初のオリジナルと比較してみましょうか。
それがこちら。

アスペクト比と拡大サイズが違うのは目をつむってくださいw
単純に画質比較として見ていただけたらおそらくアプコン後のほうが綺麗と言っていただけると思います。
オリジナルのほうが綺麗だと思う方は、ごめんなさい、私の力不足です。
このままだとちょっとアンシャープマスクに頼りすぎている感があるので、あとで調整していきたいと思います。
しかも、まだ必要なフィルタが揃っていませんのでその辺りも集めたいと思います。



ここまでいかがでしたでしょうか、一応ニコ動で神画質と言って頂いていたエンコード職人の一人だったんですが、さすがにブランクがありすぎるのと、数年間培ってきたフィルターの値データやエンコード設定データが手元にないので正直全然うまく行きませんでした。
みなさんも、この世界に興味がある人は是非挑戦してみてください。



2013年11月17日日曜日

気になったニュース


「救急車、現場間違い=16分到着遅れ、患者死亡―山口」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131117-00000036-jij-soci

~~~以下引用~~~

山口県下関市消防局は17日、同市の74歳男性から119番を受けた救急隊が現場を間違え、到着が16分遅れたと発表した。隊員が駆け付けた際、男性は心肺停止状態で、病院で心疾患による死亡が確認された。
 同局総務課によると、16日午後8時49分に119番を受理。救急隊は同9時11分、誤って男性の住む集合住宅から約30メートル離れた別の集合住宅に到着した。その後誤りに気付き、男性宅には同27分に到着した。
 男性は一人暮らしで、通報はうめき声だけで住所や氏名が確認できなかったため、電話の発信地から住所を割り出したという。
 市消防局は「職員の訓練、教育、現場の再確認を徹底し再発防止に努めたい」としている。


~~~引用終わり~~~


非常に残念なニュースではあるが、今回助けられなかった原因は救急隊にあるとは思いたくない。
私が言いたいのは、誰のせいだということではなくて、この救急隊並びに消防署は通報を受けた発信地から住所を割り出すという警察のような手段を使ってでも助けに行ったということがすごいと思う。
そこまでして助けに行こうとしたのに、結果としてその住所が間違っていたなんて、その救急隊はものすごく悔しかっただろうなと思うとすごく心が痛む。
警察や各電話会社ともっと密接に繋がっていれば、もしかしたらもっと正確な情報が得られるのかもしれないが、プライバシーなども考慮するとなかなか難しいのかもしれない。
プライバシーって重要だけど、そのせいで助けれたはずの人が助けられなかったりしたらそんなの意味無いように感じる。


そんなことを考えさせられたニュースでした。

2013年11月11日月曜日

PCの自作依頼

私は今までいくつのPCを自作してきたかもう数え切れません。
中学入った時にはもう自分でコツコツパソコンの部品を買って自作を初めて、少しずつパーツを買い換えていくうちに余ったパーツでまたパソコンが出来上がったり。
安上がりだし、結構楽しいんですよ。
自作には慣れているので、自ずと結構友人から作成依頼を受けたので、ちょっと構成を考えてみたいと思います。

予算は15万で、モニターなし。
ゲームをやるのでグラボ必須。
できる限り高性能がいいとのことです。
ちなみにOSは別途用意してあるとのことで、予算には組み込まなくて良いとのこと。


まずCPUはIntelを選択。
その理由としては、コストを考えなくていいということと、消費電力が少ないこと、そして無難だということです。
その友人がオーバークロックを行うことはまずないので、Kモデルではなくcore i7-4770にします。

次にマザーボード。
マザーボードを選ぶにはソケットを最初に確認しましょう。
core i7-4770のような第4世代"Haswell"と呼ばれるソケットは、LGA1150というものです。
そしてIntelにはマザーボードが大きく分けて3種類あります。
具体的にはチップセットと呼ばれるものが異なっていて、"B""H""Z"とあります。
これは極端に言ってしまえばランク分けです。
Bが最下位で、Hが中間、Zが最上位です。(例外有り)
Bは基本的にエントリークラスに採用されることが多く、USBポートが少なく、RAIDと呼ばれる複数のHDDを一つのHDDとして扱うというような機能が搭載されていません。
また、SATAの数も異なるので、繋げられるHDDやSSD、ドライブなどにも限りがあります。
"Z"に関しては、USBポートが多いなどだけではなく、CPUのオーバークロックも可能となっていて、BIOSの細かい設定も可能となっています。

また、価格帯もB<H<Zとなっているため、チップセット固有の制限とは別に実装されているパーツもBは安価なものでZは高価なものとなっている傾向にあります。

今回の場合、コストを抑える必要が無いため、HかZの2択となります。
サイズに関しては特に指定はありませんが、グラボを積むということなので、ATXサイズで検討してみます。
その結果私が選んだのは、ASUS Z87-A
Hシリーズにしようかと思ったのですが、どうしてもCPUに電源を供給する部分が6レーンしかなく、ゲームのような高負荷を長時間供給するには心配だったため、Zシリーズにしました。
こちらは8レーンあるため安定性が向上します。
レーンというのは、DC/DCコンバータの数で、多ければ多いほど、一つにかかる負荷が少ないため、安定して電力を供給できるようになります。
ただし、多ければ多いほどいいかと問われれば、それは否です。
なぜかというと、多ければ多いほど、効率の関係上、無駄な電力も多く発生してしまいます。
そのため、レーンが多いほど消費電力は上がります。
ただ、いいマザーボードならレーンの休止機能もあるため、一概には言えませんがね。


気がつくとまた長い文章をつらつらと書いてしまいました。
さすがに読む方もつかれると思いますので、ここからはいろいろ端折って行きたいと思います。
次はメモリです。
8GB+8GBの16GBあればいいでいいでしょう。
足りなければ追加ということで。
選んだのはゲーミング用ではなく一般用のCFD W3U1600HQ-8GC11

次はビデオカード。
ゲーム用でできるだけ高性能と言われれば、
NVidiaなら、GTX780を選択。
AMDならR9 290を選択します。
消費電力の関係上、GTX780の方が有利なため、今回は、GTX780を選択します。
これから価格が安くなる予定なので、ちょっと様子見ですが。

次はSSD
システム用なので128GBでいいかなと思います。
ここは迷うところもなくTOSHIBA製のSSDでいいでしょう。

次はHDD
容量は友人と相談しなければいけませんが、無難なのは、WD製 WD20EZRXあたりでしょうか。
私もこの前のモデルを持っていますが、24時間フルで起動しても低発熱で印象は結構いいです。

次はメディアドライブ
DVDかBDか迷いますが、一応BDを選択しておきます。
パイオニア製 BDR-208DBKを選択

次は結構重要、電源ユニットです。
GTX780を搭載するので、700Wは必須でしょう。
今回は700W~750Wくらいで探してみます。
オウルテック製 AURUM SERIES AU-700か、玄人志向製 KRPW-PT850W/92+の2択くらいですかね。
片方は850Wとオーバースペックですが、Platinum対応の電源なので良さそうです。
計算は高いほうでしておくことにします。

PCケースも買わなくてはいけないんですが、こればっかりは私が独断で決めるわけにはいかないで一応1万前後としておきます。

ざっとここまでで計算してみますと、
CPU:Intel core i7-4770  30k
M/B:ASUS Z87-A 12k
MEM:CFD W3U1600HQ-8GC11 14k
GPU:ASUS GTX780-DC2OC-3GD5 68k
SSD:CFD CSSD-S6T128NHG5Q 10k
HDD:WD WD20EZRX 7k
BD:Pioneer BDR-208DBK 7k
P/S:玄人志向 KRPW-PT850W/92+ 14k
CASE: 10k

合計:17万2千円(2万2千円オーバー)

さすがにちょっとオーバーしちゃいました。
ただ、元々オーバーさせる気で組んだので想定内です。
理由としては、NVidiaが価格改定を行い、現在68000円で売っているGTX780を5万円台まで値下げすることが決まっているからです。
そのため、このオーバー分のほとんどは相殺され、あとはDVDドライブに変えるか、電源をオウルテック製に変えるなどすれば予算内に収まるという寸法です。


すごく雑に考えてみましたが、ゲーミング用PCとして恥ずかしくない構成となっていると思います。
特に、G-TuneなどBTO全般に言えることですが、電源をケチっていることが多々あります。
そのため、電源障害でPCデポなどのクリニックに持ち込まれるPCはかなり多いです。
ですので、電源は絶対にケチらず、潤沢に700W以上で信頼のメーカーで選定しました。

実際に私が出張組み立てをするのかわかりませんが、この仕様なら楽しく組立出来そうです。
みなさんも自作組み立てやってみませんか?



2013年11月5日火曜日

Raspberry Piで遊ぼう

久しぶりにRaspberry Piで遊んで見ました。
まずはアップデートをかけないといけないので、
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
で、raspbianを更新します。
これが結構時間が掛かり、多分30分くらいかかったと思います。

今回はAirPlayサーバーを作ることを目的としたので、無線LANにも接続できるようにします。
子機によってやり方はまちまちなので、あえて載せませんが、ifconfigコマンドでwlan0が表示される環境ならそのままで大丈夫だと思います。

なお、ローカルサーバーなので通信環境がなくても大丈夫です。(ルーターは必要ですが)
なのでポート開放なんて必要ありません。


今回はこちらのサイトを元に構築しました。
http://lifehacker.com/5978594/turn-a-raspberry-pi-into-an-airplay-receiver-for-streaming-music-in-your-living-room

このサイトでは、別途DACを用意していますが、内蔵の物でも十分可能です。

コマンドはこのサイトの通り進んで行けば大丈夫です。

./shairport -a AirPi

まで行けたでしょうか?
このコマンドを打ってエラーが出なければAirPlayサーバーとして機能しているはずです。
iphoneなどで出力先が選べるようになり、AirPiと言う欄が出来上がったと思います。

⚪︎出来なかった場合。
1.iPhoneはWi-Fiに接続されていますか?
2.同じネットワークに接続されていますか?
3.そもそもRaspberry Piはネットワークに繋がっていますか?(ifconfigでipが割り振られているか確認)

これらを確認してもダメならサーバー構築が失敗してると思います。
最初からやり直して見てください。


⚪︎AirPiを選んだけど音が出ない場合
Raspberry PiにHDMIケーブルで接続している場合は音は自動的にHDMIが選択されます。
これはAlsamixerでも変更は不可能ですので、SSHで接続するか、コンポジット端子で接続してください。

⚪︎音は出るけど小さいよ!って人は、
sudo amixer controls
とうってみて、
numid=1,iface=MIXER,name='PCM Playback Volume'
のようなものがいくつか出ることを確認してください。
環境によっては、
numid=3,iface=MIXER,name='Capture Volume'
もあるかもしれませんが、調整したいのはPCM Playback Volumeです。
そのnumidのナンバーを覚えてください。
そして調整するコマンドを入力します。
sudo amixer cset numid=1 88%
このnumidが上に出てきたものです。
例として、numidが1で、音量を88%とした時です。

気をつけて欲しいのは、ここを100%にしない事です。
理由は、ゲインが100%=0dbじゃないということです。
値は曖昧ですが、確か100%にすると4dbくらい増幅してしまったと思います。
増幅するとクリップする可能性が高いので100%にはしないでください。
88%は0dbをちょっとだけ下回るのでクリップはしませんのでこのくらいがオススメです。

値が決まったら保存するために、
sudo alsactl store
とうってストアします。

あとはrebootして値が保存されているか、AirPlayサーバーを自動起動にしている人は自動で起動するか確認して見てください。


無事にできた人はお疲れ様です。
出来なかった人は質問してくれても構いません。


実際使ってみると、快適そのものです。
Wi-Fiが届く範囲にさえいればどこでも使用できますし、Bluetoothよりも音質がいいので、手持ちのコンポなどに接続してみることをお勧めします。
raspberry piは消費電力も低いので、モバイルブースターとセットで使うのもいいですね。
ちなみに消費電力は無線LAN子機とセットでも3.4Wみたいです。

上に書いてある料金は気にしないでください。
普段はパソコンの消費電力を見てるので記録が残っているだけです。
3.4Wであれば、24時間一ヶ月連続稼働しても58円と格安ですよ!
是非皆さんもお試しあれ。







蛇足
AirPlayサーバーを稼働させた時のcpu使用率は30%前後でメモリは140MBほど。
メモリ残量は300MB以上あるし、残ったリソースは何に使おうか…。



本当に知ってる?「4kテレビ」の事実

皆さんこんにちは、寝る前にちょっと気になったのでブログを更新することにしました。

最近4k対応のテレビが結構出回っていますね。
SONYや東芝、そしてシャープが結構4k押しなのでは無いでしょうか?

実際にこの目で4kのテレビを見るとその綺麗さに圧倒されてしまいますね。
見るたびに、欲しい!と思ってしまうのですからやっぱりすごい。

でも知っていますか?

ほとんどの4kテレビって4k放送には対応していないんですよ?


だって4k放送なんて始まってないんですから。
そして規格もまだ正式に決まっていないんです。
なので、実際に4k放送が決まっても、規格が合わなければ結局フルHDの画質のままなんです。
”ほとんど”といったのは、私が知らないだけで4k放送対応のチューナーを搭載しているテレビがあるかもしれないというだけです。
この事実を購入者は知っているのかものすごく心配です。
家電量販店の店員がみんなこの事実を知っているわけもないし、教えたら絶対買ってくれないだろうから説明しないだろうし、4k放送を開始したらクレームすごいだろうなーと。
だって、その4kテレビで4k放送を見たいなら、4k対応チューナーを買わなきゃいけないんですよ?
これは怒るでしょう・・・。

他人事ながら今すごく気になってますw
2020年には8k放送も控えてますから、一刻も早く規格が決まることを期待しています。

使用するコーデックは現在主流のH.264なのかなー?
それとも新規格のH.265かな?

コーデックを変えないと、とてもじゃないけど8k放送なんて電波がパンクしちゃうだろうし、でもだからと言ってコーデック変えると互換性ないしw
さぁどうするんでしょう?
18Mbps(地上波の場合)でどこまで高画質にできるかな?



2013年11月4日月曜日

48kHz/24bitを体験!

前回購入できなかった48kHz/24bitのアニソンですが、今回実際に購入して44.1kHz/16bitとくらべてみました。


購入したのは、「愛してるばんざーい!」という曲です。
この曲を選択した理由は、ゆっくりとしたテンポと使用されている楽器の数が少ないため一つ一つの音を聞き分けるにはちょうどいいと思ったため。

比較対象は、ダウンロードした48kHz/24bitを市販のエンコードソフトで変換した44.1kHz/16bitのwavと48kHz/16bit 320kbpsのMP3です。

再生機は、STR-DN2030です。
DSDにも対応した機器なので、48kHz/24bitなんて朝飯前です。


最初に聞いたのは、MP3。

印象としては、思ったよりいい曲だなーというもはや音質とは関係ない事。
つまり、普通。
全体的に丸みを帯びているような、特に高周波の部分は欠けていることがわかる。
48kHzまでの設定にしてあるので高周波まで記録されているはずだが、箱はあっても中身が無いみたいな感じです。
でも元々こういう曲なのだと言われればそうなのかと納得してしまうかもしれない。
lameはやっぱり音質いいからね。

そして次は、44.1kHz/16bitのwav
音質としてはさっきよりもいいなという印象。
MP3よりもスッキリしていて、MP3のような違和感がない。
やっぱり無圧縮のほうがいいなーと再認識しました。
驚いたのは、こちらは44.1kHzなのにMP3の48kHzよりも高周波がきちんと出ているように感じること。
44.1kHzという枠組みの中にぎっしり詰まっているような感じなのでしょうか。

そして最後に48kHz/24bitのwav
再生してすぐに分かることは、高い音の密度と澄み切った高音。
正直私の耳ではボーカルの声自体はそんなにわかりませんでしたが、息を吸う時のブレスと楽器の繊細さはもう雲泥の差。
これには本当に驚きました。
細かい音ってこんなに記録されていたのか!と感動してしまいましたw
多分、最初からこの48kHz/24bitを聞いてしまうと、ただ音がいいなくらいにしか思わないと思いますが、比較するとやっぱり違いました。
この音質の違いはおそらく、周波数よりもサンプリングビット数が大きく関わっていたのでは無いでしょうか?

本当にわかるのかを確かめるため、48kHz/24bitと44.1kHz/16bitを両方入れて、ランダムに再生してどちらかを当てるということをしました。
結果は5回中5回とも当てることができるという自分でもびっくりな結果でした。

ただ今回は、44.1kHzの方は用意されているものではなく、市販のソフトで再エンコードし直したものですので、その辺りも考慮に入れておく必要もあると思います。



最後に、この前はDVD音質(笑)、手抜き(笑)みたいなことを書きましたが、正直見くびっていたようです。
今後もどんどん増えて、次は96kHz/24bitあたりが標準となるといいですね。



PS.
私のWalkmanじゃ再生できなかった・・・。
やっぱりNW-F880を買わなきゃいけないみたいですw



2013年11月3日日曜日

ついにアニソンもハイレゾ!?

皆さんお久しぶりです。

我らがONKYOより、ハイレゾ音源のアニソンが発売されました。
ハイレゾと言っても192kHz/24bitとかじゃなくて、48kHz/24bitですが。

え?それってただのDVD音質なんじゃないの!?

おっとだれか来たようだw

規格上ただのDVDでよく使われている48kHz/24bitですが、実際には「TRUE STUDIO MASTER」というスタジオで使われる音源と同等(と言うより同じもの)の音質を誇るようです。


ようするにどういうものかというと、

CD(44.1kHz/16bit)にする手間を省いただけの手抜き音源です!

これ以上言うと本当にどこからともなく怒られそうwww


でも音質いいなら私は大歓迎ですよ!w
実際に購入したかったのですが、クレジットカードを実家に置いてきてしまったため購入はまた今度にします。

48kHz/24bitならウォークマン(NW-A867)も、私が愛用しているヘッドホン(SRH840)も対応しているのである意味192kHz/24bitよりも現実的ですね。


ではまた次の記事で。

2013年10月10日木曜日

GTA5 を てにいれた!

ついに予約していたGTA5が届きました!


今日はバイトがあったので、今さっきインストールを開始したのですが、ものすごく長い…。



私の一度クラッシュしたHDDでは、1秒あたり1.2MB進むので、インストールにおよそ2時間かかるっぽいです。
インストール中は何もできないので、ひたすら待つのみ。
本気でSSDにしてやろうかとも思っていますが、まだ我慢します。

あー、早くやりたいよぉぉぉ!!





2013年9月28日土曜日

新型Walkmanが発売されるよ!

前回更新してから気がつくと1ヶ月以上経ってしまいました。

現在学校の課題とバイトで夜遅くまで自分の時間が持てないため、なかなか更新できないでいました。

そんな状態ですが、ちょっと時間が出来たので、今気になっている事を書いていきたいと思います。



私は中学生の頃、お小遣いを貯めて初めてWalkmanを購入しました。
NW-A608という容量が2GBで当時3万円もしたWalkmanです。

2GBと言っても当時はかなりの大容量だったはずですw
それにしても当時3分充電で3時間使えるのはWalkmanくらいだったのでは無いでしょうか?
でもこのWalkmanは結構酷使していたため、今となってはバッテリーも弱っているし、本体も傷ついてしまっています。
と言っても、雨の日は使わなかったので異常は一切ありません。

その一方で、3代目として購入したNW-E015FはUSBを直差しで使え、凄く重宝していました。

高校に行くときに雨だろうと雪だろうと使っていたために、音量の操作がほとんど出来なくなってしまいましたが・・・・・・。(その後はそれでも欲しいと言っていた友人にあげました)

私は中古で購入したり、貰ったりしたものを除くと、NW-A608(2GB)→NW-A808(8GB)→NW-E015F(4GB)→NW-S706(4GB)→NW-A867(64GB)
という感じに買い換えています。
現在の愛機はNW-A867ですが、64GBの超大容量のメモリーと、手の中にすっぽり入るような大きさにも関わらずタッチパネルとBluetoothを搭載し、デジタルアンプも搭載しているため、音質に関しては一切不満は無いのですが、このWalkmanは全然Walkmanじゃないと思ってます。

なぜなら!



Bluetooth接続状態で音楽を聴いていると、3時間強でバッテリーが切れるから!!!





これには本当に困っています。
バイクでよく使っていたのですが、とてもじゃないけど一回のツーリングで持たないので、基本的にずっとモバイルブースターに接続されています。
でも消費電力自体は少ないみたいで、モバイルブースターにさえ接続していればずっと再生し続けてくれます。
でもそんなんじゃWalkmanとは言えない。

だからそれだけは本当に不満なんです。

あと不満その2!!
これは普及率を考えると仕方が無かったのかもしれませんが、Bluetoothの対応コーデックがSBCしかないこと。
最近では、AACとapt-Xが普及しつつありますが、このWalkmanは対応していません。
もちろんデジタルアンプを搭載しているんだから直刺ししろよという意味なのかもしれませんが、出来れば対応して欲しかった!

もちろん手放す気はないし、これからも末永く使っていきたいと思っているんですが、実はそろそろWalkmanが発売されるみたいなんです。


さて、ここからが本題

そのWalkmanこそが、NW-F880というFシリーズのWalkman。

”F”といえば、日本ではandroid搭載のWalkmanとして有名ですね。
今回もandroidを搭載していて、従来のF800シリーズより大幅に駆動時間が延び(25時間→35時間)、FLAC・ALACなどの可逆圧縮の音源に対応。
さらにはハイレゾリューションそいう192kHz/24bitの高周波・高分解能に対応もしました。

そんなこと言っても対応している音源が無いじゃん!!と思ったあなた!!!

そんなのSONYだって分かってるんです。
SONYミュージックはどんどんとハイレゾ対応の音源を出していくと思いますが、そんなのアニソンを聴いている私には全く関係ありません。
でもね、もやはそんなのも関係ないんです!
今回は44.1KHz/16bitであるCD音源を、最大192Hz/24bit相当のハイレゾ品質にしてくれるんです!!
でもまだソフトウェアが出来上がっていないらしく、今年の12月に搭載すると言っています。

ただし!

Bluetoothのコーデックは未だにSBCのみ・・・。

androidはapt-xにも対応しているので、ソフトウェアでなんとかならないのかな?
Bluetoothのハードウェアに関しては勉強していないのでなんとも言えないのですが、噂によるとapt-xに対応していないandroid端末を無理矢理対応させるということをやっている人がいるんです。
その情報が正しければ凄い。

ただし、rootを取れないとどうしようも無いのですぐに出来るものでも無いでしょうし、なんだったらnexus7かEVO 3Dでテストしてみようと思います。


まぁapt-xに対応しているBluetoothレシーバー持ってないけどね!!!

なのでNW-M505というWalkmanだけどBluetoothレシーバーにもなる変わり種なものも12月に発売されるため、一緒に購入します。

見た目も大きさも上に書いたNW-E015に似ているデザインですが、中身は凄いです。
Bluetoothはもちろん対応しているのですが、これはきちんとAACにもapt-Xにも対応しているんです。
そしてS-MASTAR MXというデジタルアンプまで搭載していて、死角無し。
今のWalkmanは直刺しあまり直刺しして使わないのですが、これなら直刺ししても良いかなと思える大きさですね。



今までSONY製品はソニースタイル(現:ソニーストア)で購入してきたので、今回も定価販売のソニーストアで購入したいと思います。
もちろん理由はお布施と、保証関係が最強だから。
水で壊れたNW-E015もソニースタイルで購入したのですが、残念ながらワイド保証にしなかったので保証外でしたが、それ以来ワイド保証に入っています。
ワイド保証は、3年間または5年間の間に水没だろうと物理破壊だろうと新品に交換してくれるという実質半額なんじゃ無いかと思える保証です。
NW-A867ももちろん入っているので、いつ壊れても全く心配してないです。


みなさんもソニー信者ならばソニースタイルで購入しましょう!!


ではまた次の記事で・・・・・・。

2013年8月19日月曜日

ONKYO製サラウンドシステム売ります!

BASE-V10XというONKYOのサラウンドシステムなのですが、誰かほしい方はいらっしゃいませんか?

このシステムを詳しく知りたい方は、ITmadiaさんの記事をどうぞ(http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0412/08/news001.html

私の希望売却価格は、5000円です。

状態としては、良といったところです。

付属品はラジオのアンテナとスピーカー金具が欠品です。
ラジオを聞かない方、または同等品を手に入る方でお願いします。
また、スピーカー金具は、壁に取り付けるために必要です。
逆に言うならば、置いて使う方には必要ありませんのでその辺りをよくお考えくださいませ。

同程度では1万円以上で取引されることが多いので、結構お買い得だと思います。

欲しい方がいらっしゃいましたらコメントを下さると幸いです。

画像は後ほど用意したいと思います。

それではよろしくお願いします。

2013年8月2日金曜日

STR-DN2030を手に入れた!

そしてそのレビューを書こうと思っていたのですが、見事にバイト続きで実家から離れることになったので、レビューできるほど音を聞いていません。

おそらくまだ10時間も鳴らして無いと思いますので、エージングなんて一切終わらずほぼ設置してそのままという状態です。

その10時間という間も、私が聞いてたのではなく、姉のDVD鑑賞に利用されましたw

でも姉からは大絶賛を頂き、映画館で見るより良い!というお言葉をいただきました。
やっぱり設置したあとは全自動で調整してくれるというのが良いですね。
細かい微調整は自分でやりましたが、ほとんどいじらなくても勝手にセッティングしてくれるのは最新のAVアンプならではだと思います。

しかし今回一番つらかったのは配線作業。
それもそのはず。
だって7.1chってことは8本分の配線を部屋の中に回さないといけないのですから。

もちろんそんな配線なんて持ち合わせていないので、ヨドバシで購入。
とりあえずあまりお金をかけられないので、カナレ電気さんのケーブルを30m購入。
無駄にできる部分は殆ど無いので慎重にケーブルを切って這わせてを繰り返す。
そしてなんとか無事設置出来ました。
でも、あとでフロントスピーカーはモンスターケーブルに変えようと思います。

今回使用したスピーカーはすべてONKYO製。
アンプはSONYなんだから、SONYに変えてみるというのも考えたのですが、今回は見送りました。

画像が一切ないのが申し訳ない(カメラを置いてきたため)のですが、リアスピーカーの配置は要検討かなという印象。


音自体もちょっとバリがある印象なので、エージングを100時間程度終わらせたら評価したいと思います。

てかケーブルってエージング必要なのかな?(よくわかりません)


今回AVアンプを購入して学んだことは、音の楽しさと、音の迫力は違うんだなという事を実感しました。
このAVアンプから音楽を聞いても、正直音の楽しさというものは実感出来ませんでした。
でも迫力はすごい。本当に凄い。

だから今回AVアンプを購入して決めました。

次はプリメインアンプを購入すると!!!



実はもう購入するものは決めています。
それはONKYO製TX-8050。(そろそろONKYO信者と呼ばれても仕方ないかもしれませね。)
http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/purecomponents/network_stereo/tx8050/index.htm

ネットワーク経由でPCの音楽もこれで再生出来ます。
もう部屋の中のネットワーク機器が恐ろしいことになっていますので、そろそろノイズ対策を考えなくてはいけないかもしれません。

ではまた次の記事で



<PR>

誰かのための誰得雑記はゆずソフトとSAGAPLANETSを応援しています。


あま*カル合同バナーキャンペーン開催中!

2013年7月25日木曜日

AVアンプ選び

昔、AVアンプといえば結構高価なもので、とてもじゃないけど学生風情が買えるシロモノではなかった。

それでもなぜか田舎のおじいちゃんの家には百万円レベルのアンプがありました。
型番がわからないのですが、ONKYO製のプリアンプとメインアンプ、テーププレーヤーとAM/FMチューナーもセット。
残念ながらメインアンプが壊れて、電源を入れると恐ろしいノイズが入るようになってしまったらしく、廃棄してしまったというからもったいない。

親父が大のONKYO好きだったらしく、昔はオーディオシステムに囲まれて生活していたらしいのですが、引越しをしたときに手放してしまったらしく、私が唯一知っている親父のオーディオシステムがそのおじいちゃん家のオーディオだったみたいです。

しかし、どうしても当時現役だった頃に聞いたこのオーディオシステムの音がどうしても忘れられない。
当時幼稚園生くらいだった私の身長よりも大きかったスピーカーからは、とても優しく包まれるような音に、感動を覚えていました。

そして、その音が忘れられない私は、学生レベルがなんとか買えるONKYO製のオーディオであるFRシリーズを買いあさり、気がつくと家の中は私のONKYOのオーディオで固められて行きました。


ホームシアターもHTX-11X を買い、もう満足だとこの頃は思っていました。




ですが、





迫力が足りない。

ピュアオーディオであれば重低音なんてそうそう必要がなく、如何に原音を忠実に再現できるかが求められます。

でもホームシアターは胸をすく迫力と、高い音場性からなる臨場感。
これが無いと没頭できないんです。
映画用途であれば、原音じゃなくてむしろ大げさに表現したほうがいいんです。
映画館のような高いダイナミックレンジで再生するためには、やはりAVアンプが必要。


ここでやっと本題。

私はAVアンプを購入するにあたって、重視した点は、出力、使いやすさ、見た目、そして値段です。
値段はやっぱり4万円台。
昔のAVアンプを知ってる人からすると笑われてしまうような予算ですが、今はエントリーモデルが3万円台から買えてしまうような時代なんです。

この中で私が選んだのは、
パイオニア製のSC-2022
ソニー製のSTR-DN2030
同じくソニー製のSTR-DN1040
ONKYO製のTX-NR626

値段はどれも4万円台。
この中から消去法で決めていくことにしました。
まず気になったのは、パイオニア製のSC-2022

見た目はまぁ◯(マル)。
でもそんなことより素晴らしいのは出力性能。
定格出力が210W/chというのはもはやエントリーレベルではない。
アップスケーリングが付いているのも◯(マル)
LANを接続すればNASに入っている曲も再生できるので、ネットワークレシーバーとしても◯(マル)

次はなんといってもONKYO製のTX-NR626


見た目はいいけど、inputダイヤルがなく、ボタン式という私としてはあまり好きではない方式。
これといってすごい!!っていう特徴はないものの、ONKYO製という信頼が心を揺さぶる。
いらないけど4kへのアップスケーリングが可能。
便利なのは、プレビュー画面が表示できて、小さい画面で他のHDMI入力の映像が確認できる。
あと、BluetoothとWi-Fiが入っているので、iPhoneの曲を再生したり、LANケーブルを接続しなくてもNASの曲を再生できる点。
でもBluetoothは音質が悪いので使用しないし、LANケーブルはもう来てるので、Wi-Fiもいらない。
正直信頼だけが支えている正直微妙な機種。

次はソニー製のSTR-DN2030


見た目は正直大好きですw
性能に関しては、A.P.Mという異なるスピーカーを使用しても、違和感をなくしますよという機能。
これは正直私にとって最高の技術。
今まで、フロントとリアと異なるスピーカーを用いていて、どうも音のつながりが納得行かずそれがストレスでした。
この機能がどのレベルの機能かはわかりませんが、期待できるものでしょう。
あとこの機種もPreview for HDMIという小さい画面で他のHDMI入力の映像を確認できる機能があります。
そして、これは良い!!と思った機能がありまして、それは全面にあるUSB端子です。
もちろんどのAVアンプもUSB端子は付いているのですが、そのほとんどが音楽ファイルのみ対応していて、動画ファイルには対応していませんでした。
それが、なんとSONYはAVCHDまで対応し、ハンディカムで録画したファイルを直接再生できるのです!!
これはすごく嬉しい機能。
また、PS3ですら再生できないmkvファイルを再生できる点がもう文句のつけようがありません。
しかもJOYSOUND.TVにまで対応しているというもうこれしかないだろと思わせました。

私はONKYO信者でありますが、同時にSONY信者でもあるんです。
今回は、ONKYOには申し訳ないですが、SONY製品を選ぶしか無いと思ってしまいました。

でもまて、まだ残ってるよ?
同じくソニー製のSTR-DN1040が!

見た目はONKYOと同じようにINPUT選択がボタン式なのが☓(バツ)。
でも色加減は結構好きだからもったいない。
DN2030との違いは、主に基板が違う。
基板がガラスエポキシ基板を採用し、後出しだけはあって、様々な所に改良を加えている事がわかる。純粋なS/N比はこっちのほうが上なのでは?とも思う。
だったら1040で決定じゃん!と思うのはいささか早計。
なんと2030の時に私が嬉しがっていたUSBの動画再生機能が搭載されていないのです!
もちろんJOYSOUNDにも対応していないし、一切の無駄を省いてしまったようなモデル。
そのくせBluetoothやWi-Fiに対応していて、なにがしたかったのか分からないです。
純粋な音質はこっちのほうが良いと思わせるがだけにもったいない!


というようなことをここ最近ずっと悩んでいましたw
でも今日やっとそれも終わりました。

ついに決めちゃいました!!!



その名も、STR-DN2030





いろんな所に電話をかけて在庫があるかや、展示をしているかを確認したのですが、近隣の県を含めてなんと在庫なしwww

仕方がなくネットで一番安いヤマダ電機で購入することにして、でもネットで買うのは嫌なので一番近い店舗に電話して確認を取ると、取り寄せることはできるけど、時間かかっちゃうよ?とのこと。
ちなみに、ヤマダネットの値段は40588円だったのに対して、なんと実店舗は56000円。

しかもヤマダネットのよくあるご質問には、実店舗とヤマダネットの価格は異なり、実店舗の値段をヤマダネットの値段に合わせることはできませんと書いてありました。

これはもうネットで買うしか無いのか?
でも5週間待ちだってよ!!(ワラワラ)
って感じで途方にくれていました。
それでもめげずに実店舗の担当の方に相談したところ、なんとネットの価格でも良いですよと言ってくれました!!
これには感激!!
でもでも時間かかってしまうのは事実だそうで、とりあえず保留ということにしておきました。

今度は、すぐに手に入れることができる実店舗はないかと電話して周り、ノジマ電気に電話してみましたが、
「すぐに手に入るけどネットの価格とか無理無理www」(実際はもうすこし丁寧です)
と現実を見せられました。
それにしてももうちょっとイラッっとくる対応だったので、今後はノジマ電気は行かないことにしました。

そして私にとって最後の頼みの綱。

ヨドバシカメラ

今までヨドバシカメラでいくら買い物しただろう?
テレビもレコーダーもストーブも洗濯機もヨドバシカメラで購入し、購入すればするほど好きになっていくお店です。
難点はちょっと高いこと・・・・・・。

それでも多少高くてもヨドバシカメラの信頼を前にすると、仕方ないかと思って買ってしまうんですけどねw
そんなヨドバシカメラですが、今回はどうなるんでしょう?
早速電話してみました。

私「STR-DN2030の在庫は置いてますか?」
店員「申し訳ありませんが、当店にはSTR-DN2030の在庫も展示もありません」
私「や、やっぱり・・・・・・」
店員「ですが、お取り寄せという形を取らせていただくことで購入することはできますよ」
私「やっぱり取り寄せですか・・・・・・1ヶ月待ちとかですよね?」
店員「いえいえ、今取り寄せをご希望でしたら、明日には届くと思いますよ?」
私「あ、ああああ明日!?」
店員「はい!」
私「じゃぁじゃぁ値段っていくらですか?」
店員「えっと、54800円です」
私「orz」(わかっていたけど、買えないくらい高い・・・・・・)
店員「どういたしますか?」
私「あのあの・・・えっと・・・・・・こんなこといったら気分を害されてしまうかもしれないんですけど」
店員「なんでしょうか?」
私「や、ヤマダ電機の店員さんとお話させて頂きまして、実店舗でもヤマダネットの価格にしてくれるって言ってくださったんです」
私「でもでも、やっぱりヨドバシカメラさんで買いたくて、あの、もうちょっとだけ安くしていただけませんか・・・?」(もう泣きそう)
店員「少々お待ちくださいね」
私「はぃ・・・」(正直千円くらいなら安くしてくれるだろうけど、今回は時間かかってもヤマダ電機かな・・・と思っていました)

店員「お待たせしました。ヤマダ電機さんが実店舗でも40588円で売るとおっしゃるのでしたら、こちらは40580円に致します」
私「えっ!?いくらですか???」
店員「40580円です。ただポイントはつけることができないんですけど、よろしいでしょうか?」
私「もちろんです!!!ありがとうございます!!!!!」
店員「とんでもございません。ではお取り寄せするという形でよろしいでしょうか?」
私「もう是非是非お願いします!!」
店員「かしこまりました!」


という感じでやってくれましたヨドバシカメラさん!!
だってヨドバシオンラインでさえ54800円なのに1万5千円近く安くしてくれるなんてもう最高です!
担当の◯村さんありがとう!!

ということで取り寄せしちゃいました。
取りに行った時に色々お話させていただく予定ですが、今から楽しみで仕方がありません。
でも今までヤマダ電機さんの対応には憤りを覚えたこともありましたが、今回のヤマダ電機さんはすごく丁寧で誠実な感じでした。
今回はヨドバシカメラさんがウワテでしたけど、ヤマダ電機さんも見直した一日でした。


商品が私の手元に届いたらレビューをしたいと思います。
それではまた次の記事で......





2013年7月19日金曜日

新型FIT発表!!

打倒アクアとして今回新型が発表されたホンダ・FIT(フィット)。

その写真がこれ↓

一体どうすればこんな顔になるんだと言わざるをえないこのフロントフェイス。
もはやホンダのマークが無ければ日本車なのかすら見分けがつかないレベル。

これは売れるのか・・・?

でも内装は良いですよ。↓


インテリアが良くてもエクステリアが悪ければやっぱり車は売れないでしょうね。
もちろん、かっこいい・かっこ悪いは主観ですのでなんとも言えないところですが、でもやっぱりバンパーがすべてを台無しにしてると思います。
このバンパーは本来スポーツカーのように低車高の車にしか似合いません。
これに近いのは同じシビックのFD系ですね。
シビック・FD2↓
 
又はスーパーカーであるランボルギーニもバンパーは同じようなデザイン。
ランボルギーニ・ガヤルド↓
 
これらは高性能車故に発熱が大きいため冷却用に大きく開口部が開いているのですが、FITの場合、逆に過冷却を招く恐れのある開口具合ですね。
もちろんすべてダミーだと思いますがw
 
まぁどちらにしても私はFITには似合わないと思います。
 
昔のホンダに戻ってくれないかな?
私はホンダユーザーとして(バイクだけどね)切に願います!
 
 
 
 


2013年7月4日木曜日

なぜエネチャージは注目されているのか?

一般的な車は、走行時に発電をしているのですが、エネチャージは走行中には発電をせず、減速時に減速する力を利用して発電をしてしまおうというシステムです。
詳しくは本家のページヘ

私はこのシステムを見た時に驚愕しました。

え・・・・・・、今の車みんなやってるじゃん!!とwww

トヨタの場合ですと、主要燃費改善対策の所に充電制御と書いてある車はみんなそういった制御となっております。
じゃぁなにが違うのか?

それは充電した電力を鉛バッテリーではなくリチウムイオンに充電しているところ。

それによって、通常よりも多く貯めておけるのです。
なのでこのシステムが画期的とかそういうふうには一切思わないですし、それが購入するきっかけになるかと言われても悩ましいところです。

まぁ燃費が良くなるんだからユーザーは喜ぶとは思いますけどね?



この記事を自分で選んでおいてなんですが、個人的にスズキが大嫌いです。
でも軽自動車を作る技術や発想、あとバイクについては素直に素晴らしいと思っています。

私も数年前まではスズキは嫌いじゃありませんでした。
と言いますか、現在親はプリウスに乗っているのですが、当初はスズキ・スイフトにしようと思っていたのです。
そして実際に見に行ったのです。
その時は残念ながら親は仕事で見に行くことができず、私と兄にどんな車なのか見に行ってきてと頼まれていました。

そして某所のスズキに出向き、スイフトを見せて欲しいと頼んだところ、快く見せてくれました。
座席に乗りながら、へ~中はこうなってるんだ?と眺めていると、店員がやってきて、話しかけて来ました。

「ご購入予定ですか?」

いきなりそんな話題かよ!?と驚きましたが、兄が「いえ、私が購入するわけではないんです」
といったところ、態度が兇変して、いきなり「汚れるんで中の物に触らないでください」と言い、
更に「ご帰宅は(方面的に)どちらですか?」と、当回しに帰れと言われる始末。
そして、もちろん気分を害して車から降りると、汚らわしいものが触れたかのように触ったところやマットを拭いていく店員。しかも私達に見える所でわざと見せつけるかのように。

これでそうしてスズキを嫌いにならないというのですか?
私はこの時心に決めました。
絶対に一生スズキの車は買わない!と。

当然親にはスイフトを買うのを反対し、その後いろいろ見に行った結果トヨタのプリウスにしました。

でも今までいろんなメーカーを見に行きましたが、その中でもずば抜けて接客態度が素晴らしかったのが、某所の日産。
その方はおじさんだったのですが、突然見に行った私達を暖かく迎えてくれて、その車のいい所だけでなく悪いところもたくさん教えてくれました。
接客熱心というわけでもなく、きちんと客との距離も考え、それでも必要なときにはすぐに駆けつける体勢に感服しました。

その接客もあり、姉が車を買い換えるときは日産を勧めて、ノートを購入しました。(しかもフルオプション)
当初は、車を買い換える予定はなく、日産に行った時もちょっと見てみたかっただけという言わば冷やかしみたいな感じだったのですが、それでも日産は態度を変えず、むしろより態度を柔らかく素晴らしい対応だったため、この会社で買いたいとずっと思っていました。

スズキの店員も、ノルマに間に合わせるので精一杯だったのかもしれませんが、それで大事な顧客を失ったら元のないということをよく理解して欲しいです。
そうでなければ軽ナンバーワンの売れ行きで天狗になっているとしか思えませんから。


みなさんも車のように高価な買い物をするときは、ネット通販のようにただモノを買うという気持ちで買わないでください。
基本的に車は、”メーカーから買う”のではないんです。
”販売店から買う”のです。
ですから、購入する車が決まったら、次は購入する販売店をきちんと吟味して購入するようにしましょう。

ではまた次の記事で。

2013年7月1日月曜日

多忙につき更新が遅れます。

いつものことですが、更新が遅れてしまいます。

前回の意味深なプログラムもまだ完成していないので、公開することができません。

今しばらくお待ち下さい。


2013年6月20日木曜日

coming soon

 
 





意味深なこの質問。
さて、この質問に答えるとどうなってしまうのか?



それは完成してからのお楽しみ。



2013年6月17日月曜日

本日3回目の投稿

なんだか今日は時間がありすぎて、本日3回目の投稿をしてしまいました。

普段もこのくらいの頻度で投稿していれば観覧人数も増えるのかもしれませんが、私の気力が持たないので無理ですw

今回の話題はスーパーコンピュータ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130617-00000027-asahi-sci
(ヤフーニュースより引用)

中国のスーパーコンピュータの処理能力が世界一に!という記事ですが、特筆すべきは”312万個の中央演算処理装置(CPU)を搭載し1秒間に3京3862兆回の計算速度を記録”というところですか。

ちなみに日本の”京”は約1京回の浮動小数点数演算(wikiに飛びます)ができます。
そして京のCPUの数は88,128個。
京はどちらかと言うと、高価だけど高性能なCPUを搭載して、より少ないCPUで高い性能を叩きだす方式。
一方で中国のスーパーコンピュータは性能が低いCPUを大量につなげて性能を上げる方式。
どちらが良いとかはあまりないけど、いくらなんでも300万個のCPUはやりすぎだと思う。

例えば、PS3の演算能力は218GFLOPSである。
つまり演算回数は2180億回。
効率を100%だとして、3京回の処理能力にするためには、
137615台あれば良いということになる。
もし効率が30%だとしても458716台あれば良いということになる。

まぁPS3は高性能なコアなので比較するのは可哀想なのかもしれないが、
じゃぁ最近主流のARMで考えてみる。

ARM社の最新アーキテクチャであるCortex-A15。
高い効率と性能を武器に、Intelの最大のライバルになるであろうと呼ばれているARM社だが、1秒間に30京回の処理回数にするためにはいくつCPUが必要か。

Cortex-A15の4コアで周波数は2.0GHzだと仮定すると、単精度の浮動小数点演算回数は64GFLOPSである。
つまり1秒間に640億回。
これを3京回にするためには、
効率が100%なら468750個
効率が30%なら1562500個

おぉ、やっと300万個に近づいた。


でも実際の効率はいくつなんだろう。
京の効率は簡単に求められそうなので京の効率を中国のスーパーコンピュータに当てはめて見ることにする。

wikiより、京のCPUの性能は128GFLOPS/CPUであるらしい。
そしてそれが88,128個あるのだから、効率100%なら11280.384TFLOPSである。
だが実際には10.51PFLOPSなので、効率は93.2%であることがわかる。

え...?

効率高っ!!!

さっきまで効率30%でやってたのがバカみたいwww

じゃぁ、Cortex-A15で1秒間に3京回の計算回数にするためには、
502951個で良いということになる。


うーん、やっぱり中国のスーパーコンピュータは効率が悪いんだなwww


でも、Cortex-A15なんて最新のCPUだれも持ってないよ!!って言われそうなので、じゃぁiPhone5のCPUで計算すれば文句ないよね!!

iPhone5のCPUはARM社のCortex-A9 2コア 1.3GHzと平凡な性能。

これならさすがに中国のスーパーコンピュータのCPUには勝てないでしょ?って思います。

では計算。
Cortex-A9は4 FLOPS/Clock × 1.3GHz × 2コアなので、10.4GFLOPS/CPU
3京回にするためには、
効率100%で2884615個。
効率93.2%で3095080個。

あれ?

これ正解じゃない?

実際には3京3862兆回なので、
効率100%で3319804個
効率93.2%で3562021個

iPhoneのCPUコアはクロックが低いので356万個になりましたが、もっと高クロック版であれば十分考えられる能力です。



では結論。
中国の最新スーパーコンピュータの1つあたりのCPUの性能は、iPhone5のCPUとほぼ同じである。


すごいですね、なにがすごいって、私の究極なる単純計算加減がすごいですwww

最後に、ここに書いた記事は少しの真実と大きな冗談でできています。
これを鵜呑みにせず、楽しく冗談半分に見てもらえると嬉しいです。

ではまた次の記事で......。

二輪ユーザーの日常(番外)

最近思うことと言うか、中型バイクに乗って気がついたのですが、私が信号待ちや駐輪場で止まっている時のことです。

高校生と思われる原付がやたらと空ぶかしをするw
しかもこっちをチラ見しながらwww

そして信号待ちの時は、青になった途端アクセル全開で駆け抜けていく。

いや、気持ちは分かるんですよ。
原付ってちっちゃいですし、バカにされやすい。
そのわりには音はやんちゃなので、自己主張するためには吹かすしか無いんです。
NS-1は見た目中型だったので気にしませんでしたが、スクーターやエイプ50みたいな小さいバイクはそんな傾向があると思います。

体の小さいチワワが一所懸命吠えてるみたいな微笑ましいものですので、私はそんな高校生を温かい目で眺めてますw(本人にそんなこと言ったら殴られそうですがwww)

みなさんも、小さいバイクがどや顔をしながら空ぶかしをしている所を発見したらどうか温かい目で見てあげてください!


ちなみに、冬にエンジンを吹かしているバイクがいたら、それは暖気をしているだけかもしれません。
私は暖気をするときは空ぶかしをしているので、周りの目が気になりますw

エンジンをかけた直後はぶぉん!!!ぶぉん!!!と二回ほど回転が上がることを確認して、今度はエンジンを早く温めるための空ぶかしで、ぶぉぉぉぉーーーー!って感じのふかし方です。

うるさいなーって思ったらごめんなさい。
できるだけ走りながら暖気をするように心がけているのですが、バイクのほとんどはキャブレターなので低温時はどうしても弱くて、エンストしてしまうか回転がスムーズに上がらなくてバランスを崩して転倒してしまうことがあるんです。

私のNS-1は氷点下だろうと猛暑日だろうと、チョークなんて必要ないくらい始動性もエンジンも快調だったので空ぶかしは必要ありませんでしたが、ちょっとアイドリング回転数を落としすぎてアイドリングでエンストすることもありましたw

私の地味子はどうなんでしょう?
温かい時にしか乗っていないのでもちろんセルで一発で掛かりますが、4発はさすがに冬になるとチョークで掛ける必要がありそうですね。

そんな4輪ユーザーには到底わからないだろうことが2輪にはあるんです。

なのでどうかどうか、ご理解とご協力をお願いします。

二輪ユーザーの日常

今日は学校が2限と3限しかなく、ちょっと遠くのお店へお買い物をしに行きました。
平日の2時半だから道路は空いてるかなーと思っていたのですが、旧4号線はそんなのは関係なく結構混んでいました。

こういった混雑時は二輪が有利で、安全だと確認できる場合はすり抜けをすることができるので、少しずつすり抜けをしながら進んでいました。

でも4輪ユーザーはすり抜けを悪と捉える人がいるのでしょうね・・・。
すり抜けをして前に出ようとした途端、幅寄せをしてきて、急ブレーキと急ハンドルで縁石に突っ込むところでした。
ナンバーは見てませんが、車種はトヨタのセンチュリー。
30代と思われる女性が運転していて、こちらが睨むと相手は我関せずとそっぽを向いていました。

そのまま追いかけてやろうかとも思いましたが、事故を起こした時に物理的に痛い目に見るのは私ですし、何より地味子を巻き込むことだけは嫌だったので、地味子を撫でながら心を落ち着かせて事なきを得ました。

でもこんなことって二輪ユーザーはしょっちゅうあるんです。

だから私は声を大にして言いたい。

私が何か悪いことをしましたか?



なんでいつも二輪を虐めるんですか?

幅寄せや無理な追い越しは毎日確実にされます。
その度に私は怖い思いをし、辛く悲しい思いでいっぱいです。
こっちが法定速度で走っているのに睨まれるんです。
そして超至近距離でパッシングしてくる。

対向車もいるのにどうしろっていうんですか?

私が60km/hで突然止まったら絶対に避けられないでしょ?
そして痛い目を見るのはやっぱり私なんですよ?

本当にそんなことをする人がわからない。



こんな事を毎日のようにされながら私がバイクを乗るのは、やっぱりバイクが好きだから。
撫でてるだけで幸せになれるんです。
地味子が好きで、バイクにまたぐだけでワクワクするんです。
誰もいない道路を走っていると、世界で私しかいなくなったかのような開放感がたまらなく好きなんです。
左手も右手も左足も右足も、腕も膝も上半身も下半身もすべてを使う乗り物はバイクの他にそう無いでしょう。
だって全て別々の動きをするんですよ?
それが面倒でいやという人もいなくはないですが、私はそれがもう楽しくって仕方がないです。


バイク歴はまだ4年で、中型なんてまだ1ヶ月しか乗っていませんが、日々バイクを好きになっていきます。
バイクは転倒すると痛いし、事故ると下手をすると死んでしまいますが、それでも私はバイクに乗り続けます。
それだけの価値がバイクにはあるんです。
バイクの辛さを書いておいてなんですが、バイクに興味が有る方は、是非バイクに乗りましょう!!
そして一緒にツーリングしませんか?

私はまだ友人関係くらいとしかツーリングしていないので、知らない方とも一緒にツーリングをしたいと思います。
夏休みの目標はそれでいいかも?




2013年6月14日金曜日

架空請求

皆さんこんにちは、管理人の雨夜です。

今日あった出来事なのですが、突然私のケータイにこんなメールが届いたのです。
差出人: info.557@docomo.ne.jp
日時: 2013年6月14日 10:21:32 JST
宛先: 雨夜のメールアドレス@ezweb.ne.jp

(株)D・I・Sです。お客様担当の和田と申します。

この度、お客様の携帯電話が迷惑メール拒否の設定をされている為、コンテンツ運営会社からのメールが送れないと弊社が依頼を受けまして、ご連絡をさせていただきました。 お客様がご使用の携帯端末より以前ご登録頂いた【総合情報コンテンツ】から無料期間中に退会処理がされてない為に、登録料金が発生し現状未払いとなった状態のまま長期放置が続いております。
コンテンツに関しましては《占い・着メロ・着うた・懸賞・待ち受け画像・動画・出会い系サイト等》、解約手続き未処理のため、料金未納・長期延滞となっております。

現在『利用規約』に基づき損害賠償を請求する民事訴訟の申請が出されております。

法廷において、ご利用の立証が可能な通信記録を証拠とした裁判であり、支払いを免れる事はできません。

本日中にご連絡いただけたお客様に関しましては、和解交渉のお手続きが可能となっておりますので、大至急ご連絡の方お願いいたします。


(株)D・I・S
TEL:03-6880-2126
担当 和田
受付時間 10~19時迄※時間厳守
メールでの返信は、受け付けておりません。お電話のみでの対応とさせていただきます。
大事になる前の賢明なご判断をお待ちしております。


客観的に見ると、こんなメール架空請求乙www
って 思うのですが、私の場合、迷惑メール拒否の設定を厳重にしており、PC系のアドレスを一切受け付けません。
さらに、私は過去にいろんなサイトに登録していたため、退会処理をしていない可能性が大いにあったのです。
しかもこのメール、ドメインがdocomoなところに信憑性をもたせました。

これは連絡しないといけないかな~とか考えていたのですが、最後の一文の”大事になる前の賢明なご判断をお待ちしております”で一気に正気に戻りましたw

この文章で一気に詐欺っぽい文章に早変わりしたお陰で連絡せず済みましたwww

確認のためにWebで検索をかけたら、やっぱり架空請求のリストに乗っていました。
みなさんも気をつけましょうね!

2013年6月12日水曜日

やっぱり久しぶりの更新

お久しぶりです。

雨夜です。

最近は時間があるときはネトスマをして、それ以外は学校とバイトというハードスケジュール(笑)な毎日を送っています。
なにが言いたいかって言い訳をしたいだけですw




それはまぁいいとして、今回はちょっと雑談を。


ブログを書いていて毎回思うことがあるんですが、私は写真を撮る癖が無いのでブログを見やすくすることができなくて困ってしまうんですよね。
私のデジカメはWi-Fiで画像をケータイにもパソコンにも送れるし、ケータイもクラウドでPCに送れるんですがそれでもやっぱり撮る習慣がなければそんなの意味が無いんですよ!

だからちょっと思ったことがありまして、googleが開発しているARメガネであるGoogle Glass はカメラを内蔵していて、バイクに乗っていようがお昼寝をしていようがいつでも撮影することができます。
わざわざカメラを出して撮るという流れがないので、非常に便利。
でもそんなことのためだけに買おうとなんて思わないのでただの妄想ですがねw

でもいつかは欲しいARメガネ。
でも14万円は高すぎるよ・・・・・・。



ではまた次の記事で。


あ、そういえばバイクのパーツをまた注文しました。
でもそれはまた別のお話。

2013年5月20日月曜日

雨は嫌い

バイクは土曜日に納車だったのですが、家から店まで100km近くあったので、すっごく疲れました。

乗り慣れた車とかであれば数百キロ普通に走っちゃいますが、納車したてでバイクの感覚が思い出せない状態で、しかも”あの新四号線”を走るのは気力を使いました。



お店自体が新四号線にあるので、整備が終わり、ひと通りの説明を受けてキーを渡されていきなり無法地帯の新四号は辛いです。

跨いで進んだ瞬間、俺大丈夫かな?と不安に駆られましたw
さすがに納車日に事故るのは勘弁願いたいですからね。

でもホーネットもとい地味子は、ビビりながら運転している俺を優しく包み込んでくれるかのようにふわっと発進してくれて乗り心地も最高!
そのままモーターのようにすーっと法定速度まで上昇していく。
誰かが低速トルクなんて無いとか言ってたが、とんでもない。
6速2000回転からでも加速していけるトルクがあって、乗りやすくて安心して運転に集中できる。

とりあえず10kmくらい4000回転以下(50km/h)で走行を続けていたが、まだバイクとの一体感は感じることができない。
やっぱりしばらくマグナを乗っていたせいでネイキッドの体勢が慣れないんだと思う。
あとはバイクとのコミュニケーションをしっかり取ることが重要だと思う。
バイクにも得意不得意があって、得意な部分はどんどん使って行って、逆に不得意な部分は人間がフォローしてあげなくちゃいけない。

それがバイクというもの。

省燃費走行でも十分に楽しいが、超高回転型エンジン故にたまに高回転まで回してあげなくちゃカブっちゃうという事なので、2速全開にして見ることにした。
赤信号で一旦止まり、青になった瞬間に少し高めにクラッチを繋ぎ、2速4000回転からアクセルを半分くらいまで回す。
すると、今まで大人しくまるで氷の上を滑っているかのような滑らかに回っていたエンジンが、ブォォォォーという咆吼を上げて一瞬にして法定速度を超えていこうとする。
12000回転くらいで加速と音にビビってアクセルを戻すが、改めて思う。

ホーネット最高!

てか地味子最高!!

可愛くって、ずっと運転中もナデナデしながら家につきましたが、超高回転エンジンと、極太リアタイヤがもたらす安心感は素晴らしいと思います。

帰宅途中、信号待ちごとに地味子の綺麗な声が聞きたくて、ついついエンジンを吹かしてしまう。
と言っても回しても8000回転くらいまで。
できるだけ大切にこれからずっと乗って行きたいと思っているので、地味子が嫌がることだけはしたくない。
エンジンオイルは5000kmまたは半年に一度と言っていたけど、2500km、3ヶ月に一度変えて行きたいと思っています。
ちなみに、納車日に日光まで走っちゃったので、一日300kmも走行してしまいましたw

だって地味子と一緒に居られることが嬉しくてしかたがないんです!


でもびっくりしたのが、燃費の良さ。
おおよそでしか無いのですが、28km/l~30km/lくらい走っています。
実は日光のいろは坂を登ったり、峠で他のバイクを追いかけて見たりしたのですが、この燃費は驚きですね。しかもよく曲がること!
ご主人様に優しい小食な地味子なので、もっと手を焼きたくなっちゃいます!


本当はそのまま実家に置いていくつもりだったのですが、あまりにも離れるのが辛すぎて、雨の中下宿先のアパートまでバイクで帰りました。
雨の中走らせちゃってごめんねと呟きながら新四号線をバスの後ろにくっついて帰りました。
さすがに極太タイヤは雨の日でもきちんとグリップしてくれて、安心して帰ることができました。
それにしても、すごく気になったのが、雨の中走ったのに足がほどんど濡れてなくてびっくりした。
結構痛いくらいの雨だったのに、多分地味子が私を守ってくれたのかな?って勝手に解釈してますがw


アパートではNS-1のように、地味子を盗まれることが一番怖いので、警報器付きの鍵をつけて、振動が加えられた瞬間に超大音量のサイレンが鳴るようにしています。

その音量は、なんと子供がつける防犯ブザーよりも断然大きいです!

その鍵が地味子を守ってくれると信じています。
ちなみにその鍵は兄貴が買ってくれたもので、かなり高いですw
だからその鍵を壊されるのも結構怖いというw

次の休日は金属磨きを使ってメタル系をピカピカにしてあげたいと思います。

今回事情により写真が撮れなかったので、次回は地味子の写真をいっぱい貼りたいと思います。


本当は今日画像を撮ろうかなと思ったのですが、雨が振りそうで、そんなことよりもちょっとでいいから地味子とデートがしたくて仕方がなかったので、その辺をぶらぶら走って来ました。
そのついでに買い物にホームセンターによったのですが、買い物が終わって外を見るとまたしても雨。
濡れてもいいかとそのままアパートに帰りました。
ここで驚いたのが、アパートまで数分の距離なのに昨日以上に濡れていることwww
多分昨日は、夜遅く+雨+新四号+家からアパートまで1時間以上という一歩間違えば死に直結する組み合わせだったので地味子が私のことを守ってくれたのかなって思いますが、今日はめっちゃ近いし明るい時間だったので、防御なしでずぶ濡れだったのかもしれませんw
濡れたって支障はないですからね。


これからも日々安全運転に心がけたいと思います。


2013年5月11日土曜日

相変わらずのネタ不足

本当は毎週くらいには更新したいのですが、如何せんネタがないもので中々更新出来ません。

しかも最近はアルバイトを始めたせいで実家に帰れず測定機材や材料がないので電子工作もできません。
フラストレーションがたまる一方なのですが、これも地味子の為なので仕方がありません。

地味子の本体の返済額が毎月1万5千円ずつで、バイトができない期間を想定して更に5千円をバイク専用の貯金に回します。
毎年の税金は2400円なので自分の小遣いから出すとして、一番大きいのはやっぱりガソリン代だと思います。

NS-1の燃費は大体25km/L~30km/Lくらいでしたが、ホーネットの燃費は大体20km/Lくらいだそうです。
この値から見て、あんまり変わらないんじゃない?と思ったらそれは間違い。
なぜならバイクは大きい分、飛ばして走ってしまい、結果的に走る距離が大幅に増えてしまうから。

通学+通勤に大体毎日10km走ると仮定します。
休みの日は50km走るとして、
学校にいく日は20日休みを10日とすると、
10*20+20*10=400km/月
という計算になります。

では燃料消費量はと言うと、
NS-1では、燃費を30km/lとして400/30=13.3L
ホーネットは400/20=20L
ガソリンを145円として、
NS-1は13.3*145=1929円
ホーネットは20*145=2900円

あれ、意外とそんなに変わらないかも?

実際には暖気運転もしなくちゃいけないし、ロングツーリングにも挑戦したいのでもっともっと増えるとは思いますが、バイトをしている人ならそんなに気にしなくても良さそうですね。


あ、肝心なことを計算に入れるのを忘れていました・・・・・・。

私は下宿していますので学校の近くに住んでいるのですが、月に2,3回は実家に帰らなくちゃいけないのです。
そのアパートと実家との距離が大体40数キロらしい。
往復90kmあると計算して、月に3回往復したらいったい幾らになるのか?

90*3=270km/月
270/20=13.5L
13.5*145=1958円
これに通勤通学の分を足すと、1958円+2900円=4858円/月となります。

おぉ、結構高いですね・・・・・・。

何が言いたいかというと、毎月25000円は必ず稼がなくてはいけないということw

バイト代40000円稼いだとして、残り15000円が自由に使えるお金ということになります。
初任給はそのお金で普段お世話になっている家族と何処かで食べに行く予定ですので自由に使えるお金なんて無くなる可能性が高いですが、余ったお金は出来れば今後のために貯金したいですね!


貯金するとか言っておいてなんですが、早速散財しましたwww
なにを買ったかは後日(来週)記事にしますが、もちろんバイクのパーツです。
12000円の出費でしたが、後悔はしていません!
だってこれがないと死んでしまう恐れがあるから(爆

ちなみに死んでしまうというのは、「ゲームがないと死んじゃうんだ!!」みたいな比喩とか大げさな表現とかじゃなく、本当に命を落とすのを防止するためですw

まだ先になるとは思いますが、セキュリティシステムも自分で設計製作して行きたいと思います。
もう盗まれるのは懲り懲りですからね!

ではまた次の記事で......

2013年5月4日土曜日

今後のブログのネタについて

みなさんこんにちは。

雨夜です。

いつもニコニコしていないし、あなたの隣にも這い寄らない雨夜ですw

恐らくなんですが、今後のブログネタの半分はバイク記事になってしまうと思います。
まぁバイク大好きなので致し方ないかな~と自分では思っているのですが、バイク興味ない方はごめんなさい。
これまでも自己中心的に記事を書いてきましたが、これからも自己中心的に行こうかなと思います(爆

さっそくですが、バイクネタです。

私のバイクとなりましたホーネット250ですが、より愛情を注ぐためにこのバイクに名前をつけていこうかなと思っています。
愛称はもう考えているのですが、本当の名前はなかなか付けられないでいます。
ちなみに愛称は、

”地味子”です!

なぜって?
だって地味なんだものw

もちろん悪い意味じゃないですよ?
だれも自分の子供に侮蔑するような名前を付ける親はいないでしょうw
もう一度私のバイクを見てください。↓



地味でしょ?
私の友達は気を使ってくれているのか、「渋いね」と言ってくれていますが、絶対に人が傷つくことを言わない優しい友人なのでオブラートに包んでくれているだけだと思いますw

だって私自身思っていますからw
地味だとwww
でもこの娘を見た途端に思ったのです!

あれ?可愛くね??ってw

それを友人に言ったら可哀想な人を見る目で私を見てくれましたw
あと、正直に言うと値段の差も結構あったというのもあるんですが、それを言うのはこのバイクに失礼なので値段の差は愛の力でカバーしていこうと思います!

でもこの娘絶対に、化粧したら化けると確信しています!

あ、さっきから”この娘”って言うのは、皆さんわかっていると思いますがこのホーネット250を指していますからね?
もちろん女の子だと思って扱っていますのであしからず。

私にはこのバイクは、大好きな絵師さんの一人でもあるゃますた(成さんの地味子にしか見えてないのです!
(ここに画像を直接貼るのはまずいと思うので、リンクだけ貼ります)

ちなみにゃますた(成さんの地味子は全然地味じゃないだろwwwとか思ったら負けです。

まぁそんな訳で、愛称は地味子となりました。
本名は納車までに決めたいですね。


そういえばバイクのテールについてるキャリアについて全く触れてなかった・・・。
ま、それは納車してからということで!


ではまた次の記事で......










~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本編とは別に、バイクを選ぶ時の話をもう少しだけ書かせてください。
このバイクを選んだ理由は、上記の通り、

1、なんか地味すぎて可愛い
2、価格が安いぜ

という2つがあったのですが、正直これが決定打であったわけではないんです。
本当は3つ目、”愛に飢えているように思えた”こと。

これを言うと精神科の病院を紹介されそうなので友人には言わなかったのですが、正直これが決め手でした。

そのバイクショップには全部で5台のホーネットが置いてありました。
地味子の2001年製はその中でも新しい方で、その他に1996年製のバイクが2台、他2台は年式不明ですがおそらく地味子と同じくらいかもう少し新しそうに見えました。
そんな中、1996年製のホーネットは5年も地味子より古いのに、5万以上も高いという現実がありました。
それもそのはず、地味子はカラーが地味だし、それ以上に金属は腐食やサビが進み、塗装も剥がれているところがいくつもあり、あまり手入れをされて来なかったことがわかります。
普通なら綺麗な方がいいに決まっていますが、その時は、初めて地味子を見たときは、この娘を綺麗にしてあげたいって思ったのです。
その後、他のバイクも見ながら1時間以上ウロウロしながら考えていました。
でもやっぱり、手入れをしてあげて、私の手で可愛く魅力的になってくれればすごく嬉しいなって思って、地味子に決めました。

この娘は私には十分可愛く映っているのですが、元々のポテンシャルを活かせば絶対にもっと魅力的になると思っています。
あとはこの娘の生まれ持った綺麗な声で、皆を虜にしてしまうような娘に育ってくれたら大満足です。

契約の書類を書き終わって、ローンの審査を待っている時間は暇なのでずっと地味子を撫でたり、跨ったり、自分が地味子と一緒にドライブする姿を想像していましたw

契約は無事終わりましたが、整備や登録などで2週間位かかるため、その日はもうお別れの時間です。
タンクを少し撫でたあと、次は迎えに来るよと小さな声で地味子にささやいて、2時間かけて家に着きました。


納車は16日ですが、実際取りにいけるのは18日です。
友人に、18日にバイクを取りに行くんだ~と話したら、じゃぁ送って行ってあげようか?と言ってくれたのでお願いしました。
でも片道100kmくらいあるので、正直申し訳ないです。
これはなにか奢らなくちゃいけないかな?



2013年5月2日木曜日

訪問者がちょっとずつ増加してる!

訪問者の数が気がつくと1600を超えるようになりました。

昨日だけで94人の方に閲覧していただき、大変恐縮ですw


さて、ゴールデンウィークも折り返し地点となりました。
本格的に暖かくなってきて、バイクが乗りたい季節です。

でもバイクはマグナ50しかありません。
親のXJRに乗るわけにも行かないし、250のバイクがどうしても欲しい!!

という訳で埼玉に行ってきました。
埼玉と言っても川口あたりなのでもう東京です。
軽自動車で新4号線をぶっ飛ばして数時間。
やっとの思いで目的地に到着!

そこには目的のバイクが!



黙っていてもいつかはばれる事なので今回のオチを最初に言ってしまいますが、このバイク実はもう私のです!!

ついに買ってしまいましたw

納車は18日くらいです。
値段は非公表としますが、2001年製でこの価格は破格だと思っています。
契約の間ずっと跨いだり撫でたりして愛を育んでいましたwww

さすがにこの年代になると腐食が進んできていますが、休日にでも丁寧に磨いてあげようと思います。
てか友人に何でシルバーなの?青じゃないの?って言われましたが、私も青がいいなと思っていましたが、値段の差があまりにも酷かったため、その価格差でこの子を私色に染めてしまえばいいじゃんとの結論に至ってシルバーを契約しました。

バイクが届いたらレビューと、できれば車載カメラで撮った映像をアップしたいと思います。

今回も自分の金で購入したので(ローンだけどね!)、一生懸命愛情を注ぎたいと思います。
あと、盗まれてもいいように(よくないけど)、盗難保険もつけてもらいました。

ヘルメットも盗まれてしまったため、お金を貯めて購入したいと思います。

ではまた......。

2013年4月30日火曜日

定期更新

最近なんだかアクセス数が増えているような気がするこのサイトですが、今後どうなっていくのでしょう?
自然消滅だけは絶対にしませんw

そもそも、文字を書くこと自体は嫌いではないので定期的にブログを書きたくなるので、消滅のしようがないです。
でもFC2だと頻繁に更新しなくちゃ消されてしまいますねw



まぁそんなことは置いておいて、そろそろ暖かい季節になってきましたので、本格的にバイクの購入に向けて行動しなくてはなりません。

えっ、いやまず先立つものがないじゃん!!

という突っ込みをスルーしつつ(w)、バイクの選択に移ろうと思います。

当ブログの記事で、メガリ250rにする!と言ったにも関わらず、フレーム内に水が溜まるという衝撃的事実により、メガリをあきらめ、
CBR250RR(MC21)にする!といき込んでいたのですが、実際に中古のバイクを探しにいくと、

本当にCBR250RRは見つからない!!

地元には1台しかなく、仕方がなく友人のスポーツカー(燃費7km/h)に乗って隣の県まで行ったのですが、ボロイのに高いこと。
ボロイってのは、製造年から考えて劣化しているという意味ではありません。
正直劣化なんて当たり前に起こるので気にしません。

問題は、メンテナンスが行き届いているかということです。
行く先行く先みんなバイクのエンジンがかからないってどういうことなの?
放置するならせめて燃料を抜いとけばいいのにと思うのですが、どうなんでしょう。

まぁそんなこんなでCBR250RRのコストパフォーマンスは正直低いのではと思い、代替バイクへ鞍替えしようかと考えている今現在。

ではその代替バイクとは?

それは、CBR250RRの姉妹車とも呼べるバイク。

その名も”ホーネット”

※画像はgoogle画像検索にて勝手に拝借させていただきました。
問題があるようでしたら削除いたします。


そのホーネットですが、CBR250RRと同じ系統を受け継いだエンジンですので、レットゾーンは16000rpmからと超高回転型です。
やっぱり私は超高回転に魅せられてしまっているため、簡単には諦められないようです。
同じく、カワサキからバリオスという超高回転型のエンジンを搭載したバイクが出ていますが、バリオスじゃだめなんです。

なぜなら、カムギアトレーンではないから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
カムギアトレーンとは・・・
カムギアトレーンとは、4ストロークエンジンにおいて燃焼室の吸気・排気弁の動きを司るカムを回転させる動力の伝達に、通常のチェーン(カムチェーン)やベルト(タイミングベルト)ではなく、ギアを利用する方式のことである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(wikiより引用w)

完全に説明を投げましたが、カムギアトレーンはチェーンとは違い、独特のモーターのような音がするんです。
この音が最高にかっこいいので、これだけは譲れません。
でも正直チェーン式のCB400SFの音でもかっこいいと思ってしまう自分もいるw

本当はネイキッドなんて買う意味わかんねー、フルカウルじゃなきゃバイクじゃないでしょwと思っていた時がありました。
でも、ある日突然思ったのです。
ネイキッドかっこよくね?ってw

高校の部室には、先生のコレクションの一部としてバイクがおいてあるのですが、その中に実はホーネットもあったんです。
そのころは超高回転まで回るエンジンを搭載したインパクトの薄いバイクとしか思っていませんでした。
それよりも先生の愛車であるCBR600RR超かっこいい!!としか思ってなかったくらいです。
そりゃ今もCBR600RRはカッコいいし憧れなんですけど、これを乗っている自分が想像できないんです。
言ってみれば、本当にレースカーを見ている気分なんです。
レースカーはカッコいいしあこがれますが、自分が乗ることはないですよね?
それと同じです。
完璧すぎるバイクは現実味がなくて、それよりももっと手ごろで乗りやすいネイキッドのバイクにとても親近感が沸いて、欲しいと思うようになりました。
親父の愛車であるXJR1300もたまに乗らせてもらうのも影響なのかもしれません。

そんなこんなで、ホーネットを探してみることにします。

現在考えているプランでは、
頭金を5万用意する。
そして30万前後の中古のホーネットを購入。
残りの25万前後を2年間かけて返済する。
そのためにはバイトが必要です。

恥ずかしながら、現在私はアルバイトをしていません。
そのため、友人のコネで(w)某ホームセンターで働くことにしました。
本当に友人のコネが偉大すぎて、○○(友人の名前)が選んだことだし大丈夫だろうという言葉と共に、面接後その場で採用と言われました。
こうなったからには絶対に信頼を裏切らないように、本気で働こうと思います。

アルバイトはするんですが、正直アルバイトをしなくてもバイクを買えることは買えるんです。
もちろんバイトもしていないとローンは通りませんが、親にローンを組んでもらうとして、返済は俺のNS-1を盗んだ犯人から貰っているお金(毎月2万円ずつ)で何とかなるんです。
まぁ賠償金は20万円なので全部を支払うことはできないし、ガソリン代とか自賠責とかあるので結局アルバイトは必要かもしれませんね。

そんなこんなで、毎月2万円ずつ貰っているお金をローンの返済に充てて、アルバイトをしたお金でガソリン代や税金、改造パーツに充てながら後2年間を過ごして行こうと思います。

さて、バイクはいつ買えるかな?

そのためには頭金を貯めて、親の承諾を得なくては・・・。



2013年4月24日水曜日

元録画サーバーをメインPCへ

録画サーバーは、ML110 G6をベースとしたサーバーでしたが、液晶テレビとBDレコーダーを購入したことによって退役となりました。

別にそのまま別のサーバーに使用しても良かったのですが、下宿先のアパートにはノートPCしかなく、ゲームをするようなスペックを持ったPCが欲しかったためこの録画サーバーをメインPCとすることにしました。

録画サーバーのスペックは以下の通りです。
CPU:intel Celeron G1101 (OCで2.70GHzで動作)
メモリ:DDR3 ECC 2GB x1
グラボ:NVidia GeForce GT520
NIC:intel製 x2(詳細を忘れた)
HDD:システム用250GBx1  録画用2TBx2 2.5TB x2 3TBx1
電源:デルタ製350W

と言った感じです。

ゲームがしたいというのが主ですので、CPUとメモリとグラボを換装した方がいいですね。
逆に録画用HDDは消費電力が増える元となってしまうため、取った方が良いです。

CPUはcore i5以上がいいですね。
でもヤフオクを見ても大体7k以上します・・・。後回し!!

ではメモリですw
メモリは、サーバーと言う性質上ECCという特有の規格に対応していなければいけません。
ECCは、Error Check and Correct memoryの略で、誤り訂正をしてくれる機能です。
信頼性を向上してくれる反面、結構高価なんです。
ちゃんとしたメーカーでは、2GBのメモリが1万円以上することも珍しくありません。
さすがにそんな高いのは買えないので、Amazonで中古のメモリが1500円だったため、2GBで1枚ですが、注文してみました。
合計4GBにしかなりませんが、OS自体がx86なので3.2GBまでしか対応していないためひとまずこれで行きます。

続いてグラボ。
グラボはグラフィックボード、ビデオカードと呼ばれ、主に画面の描画を担当しています。
ごのグラボはゲームをするには一番重要なパーツといっても過言ではありません。
しかし、グラボは新品価格が20kくらいとめちゃめちゃ高いパーツです。
よってこれも中古を探すことにします。
性能的に、GTXが欲しいな~と思って探してみると、GTX280が4k円。
当時30k円もしたグラボですが、もうこんなに安くなっているのかーと感慨深く思っていると、よさそうなものを発見。
その名もGTX550ti
性能はそこまで高いというわけではないですが、消費電力と性能が見合ってるのはこのくらいかなーと考えての結果です。
sofmapにて価格が7kだったのでほとんど迷わずに即決購入。
次の日には届いていたのはさすがsofmap。

左が今回購入したGTX550tiで、右がGT520です。
同じ世代ですが、性能は雲泥の差。
と言ってもGT520は実店舗でしかも新品を購入したので、5k円くらいしたと思います。
でも性能は6倍も違うというのは、ちょっと感慨深いですな・・・。
 

格好はさすがにミドルレンジというのが分かってしまう風貌。
GTX295はGTX550tiと同等の性能ですが、元ウルトラハイエンドなだけはあって見た目がかっこいいんですよねw
まぁたとえタダでGTX295を貰ってもあんな消費電力をバカ食いするものは勘弁ですが。

さて、話がそれてしまいましたが、早速GTX550tiをつけよう!と思ったのですが、ここでなんと、メインPCで使用していたGTX460が故障・・・。
このGTX550tiはメインPCで使用することとなり、押入れに眠っていたGTS250を使うことにw

画像を用意するのを忘れましたが、GTS250はGTX550tiなんかよりも重いしでかい!
性能は半分以下でも消費電力はGTS250の方が高いといいことがありませんが、もうグラボを買う資金がなく、仕方なしにGTS250を取り付けることにしました。

でもそのまま取り付けるのはちょっとおもしろくないなーと思い、BIOSを改造してみました。
もちろんヘタすれば壊れること間違いなしですが、どうせ他に使いようもないし、消費電力を落としたいのもあって、いじって見ることにしました。


GPU-ZでBIOSを抜いて、Nibitorというソフトで改造します。
このグラボは定格コアクロックが702MHzなので745MHzまで増やします。
どのくらい増やせばいいとかいうものはなく、別途OCソフトを使用して常用可能なクロックを探してみてください。
シェーダクロックとメモリクロックも合わせてクロックを上げていきます。
次に電圧。
同じくNibitorの中のVoltage Table Editorを使用して電圧を変更していきます。



元々は、アイドル0.95Vで負荷時1.2Vだったので、アイドルを0.88V負荷時1.18Vまで抑えました。
電圧はOCツールで変えられるものもありますが、このグラボは対応していなかったので電圧を少しずつ下げて書き込んで失敗したら元に戻してを繰り返します。

これが終わったら、書き込みます。
nvflashというソフトを使用するのですが、少し面倒な作業があります。
それは、USBをwindows 98の起動ディスクに変える作業です。
これを出来ればもう終わったも同然なのですが、やってみたい方は"nvflash 使い方"で出ると思います。

そしてできた結果がこれ。


あれ、電圧が1.19Vになってるw
まぁ測定の誤差としておきます!

ちなみに、アイドル時はこちら


定格コアクロックは300Mhzですが、250MHzに下げました。
そして電圧が・・・0.91V?
全体的に高くなってしまうのはこのボードの仕様かもしれませんね?
まぁこれで多分消費電力は抑えられたと思います。
手元にワットモニターが無いので分からないですが、ねw

まだメモリが届いていないのでゲームはできませんが、少しずつゲーミングPCへ進化していくかと思います。

ではまた次の記事で......。


2013年4月17日水曜日

20x4行のLCDを用いたバイク用のマルチモニター(構成案)

最初に説明しておきますが、これは友人にバイクのギアポジションを表示するシステムを開発して欲しいとの依頼を受け、構想を練っているうちに自分のバイクもいろいろ表示できるマルチモニターを作ってみたくなり、考えてみた物です。
ここに書いてあることを真似するのも馬鹿にするのも自由ですが、あくまでもメモであると言うことをご理解の上お読み下さるようお願いします。

今回は久々に画像無しの読者を一切考えない記事になりました。
今回、書いてある文字を計算してみたら、なんと5000文字を遙かに超えているというキチガイじみた記事になっていましたw
3行以上読めない方はまずこの記事を見た瞬間に拒絶反応を起こすレベルかもしれませんね。
飛ばし読みで構いませんので、興味がある方は読んで頂けると嬉しいです。

-------------------------------------------------------------


まずは液晶のレイアウトを考えてみる。何を表示するかは大体決まっていて、速度、回転、ギアポジション、電圧、水温、油温、気温くらい。
プログラムはまだ考えず、どういう物を作るかに重点を置いて考える。

・表示のレイアウト

横に20列、立てに4行ある液晶を使用する。
  12345678901234567890
1
2
3
4

以下に使用(表示)例を記す。


  12345678901234567890[列]
1 ???[km/h] ?????[rpm] ←速度と回転数をtimerで250ms毎に更新
2 GEAR_POSITION = ?    ←現在のギアポジション(7SEGLEDでも表示)
3 VOLTAGE = ??.?[V]    ←車両の電圧
4 ********************  ←回転数をバーグラフで表示(TEMPが100℃以上で警告文字に変更)
[行]

切り替え↑↓

  12345678901234567890
1 ???[km/h] ?????[rpm]
2 TEMP   WATER=??.?[c] ←水温
3 AIR=??[c]OIL=??.?[c]  ←気温と油温
4 ******************** ←TEMPが100℃以上で警告文字に変更

切り替え↑↓

  12345678901234567890
1 ???[km/h] ?????[rpm]
2 VOLTAGE = ??.?[V]
3 TEMP  W=??.? O=??.?
4 DTE = ???[km]        ←燃費は算出出来ないので、燃費と満タンを入力すると大体の残りの走行距離を出すことが出来る。


案:
・バーグラフは回転計だけでなく切り替えで速度や温度計をバーグラフに切り替えてもいいかも?
その場合は、現在なにを表示しているのかをユーザーに分かるようにしなくてはならない。
・システムの重要な部分以外はすべてこのシステムが介入して動くようにしたい。
メリットとして、ライトのオート化や電圧低下時に電装系の一部を終了させることができるようになる。
また、信頼性は無視するとして、システムに介入した場合はキーシリンダーをロックさせたままリモコンでエンジンをかけることができるようになる。
バイクにエンスタはなかなかないので自慢できるお。(ただしオートチョーク車じゃないとエンジンかからないかも)
この件については面白そうなので下記に考察を書く。


[このシステムに必要なもの]
マイコン(PIC)
スイッチングレギュレータ
水温/油温計/外気温計
ギアポジションを取得する何らかの方法
電圧を取得
速度を取得(パルス式なら)
回転数を取得(コンピュータあたりから取得)
基板
配線がいっぱい
液晶(20x4行)
なんかまだまだいっぱい必要な気がするけど今ぱっと浮かぶのはこのくらい。
○設定変更用のスイッチ
・タクトスイッチ2つ以上
・今後のためにロータリーエンコーダあたりも





☆システムに介入した場合にできることと、その方法についての考察
まずできるようになることについて。
・エンジンスターター(要無線技術)
・冷却用FANのコントロール(やろうと思えばPWMで可変速化も)
・ライトのON/OFF(手動または自動化)
・ハロゲンやLEDであればライトの光度コントロール
・メーターの光度コントロール
・ターボタイマー
あといろいろある気がするけど思い浮かばないのでその方法について考える。




○エンジンスターターを作る場合
まず必要なのはキーシリンダーのONの状態を疑似的に作り出すこと。これがないとエンジンスターターは作れない。
次にセルを回すのでセルスイッチにも介入。
さらに、エンジンをかける場合に必要なものは、エンジンがかかっているかを知る方法。
キャブ車の場合どうやってエンジンがかかっているのかを認識しているのかがわからないので、
疑似的に水温(油温かも?)の警告ランプを使用することでエンジンがかかったかを知ることができると思う。
ただし、信頼性が重要なため、このシステムに条件を追加する。
条件は、
・電圧が12.0V以上あること。
・外気温(または水温)が10[℃]以上あること。(低温時はエンジンがかかりにくいため)
・セルは2秒間で停止させる
・再スタートは5秒間おいてからとする
・4回失敗または電圧が12.0Vを越えなかった場合、システムを終了する
・キーを用いて、シリンダーがONになっている場合、リモコンでエンジンを止めることはできないようにする

今度は逆にシステムが停止する条件
・一定時間以上アイドリングしたらエンジン停止
・水温か油温が一定以上になったらエンジン停止
・電圧が12.0Vを下回ったらエンジン停止
・なんらかの衝撃を受けた場合もエンジンを停止したいが、簡単にできる機構を考える必要あり

最後に、エンジンスタータ利用時の液晶の表示例

エンスタ利用時
  12345678901234567890
1 Time 00:00  REMOTE   ←分:秒で表示 REMOTEは点滅 設定により、何分以上アイドリングしたらエンジンを止めるようにすることも可能
2 VOLTAGE = ??.?[V]   
3 TEMP  W=??.? O=??.?   ←水温または油温が一定以上になったら自動的にエンジンを止める
4 ********************    ←思い浮かばないからとりあえず回転計




○冷却FANコントロール
ファンは高温時に自動的に作動するが、大抵は結構な高温になってからしか作動しない。
そのため、任意の温度でFANを作動させることを可能にする。
PICがPWMを出力出来る場合は、PWMを出力させてFANの速度を可変させる。

冷却FAN設定時の液晶の表示例

  12345678901234567890
1 CONFIG FAN_CONTROL   ←設定モードに入り、FANコントロールを設定
2
3 ???_TEMP  = ??[c]    ←LOW_TEMPからHIGH_TEMPを選択して、何度をLOW_TEMPとするかを設定できる      
4 FAN_DUTY  = ??[%]    ←設定温度になったときのFANの動作を設定する(0%から100%で調整可能
      



○ライトのON/OFF(手動または自動化)
ライトの自動化には明るさセンサーが必要となる。
また、大電流を流すためリレーが必須となる。
設定項目は、何段階かで点灯時の周囲の明るさを閾値として設定するもの。

オートライト設定時の液晶表示例
  12345678901234567890
1 CONFIG AUTO_LIGHT    ←設定モードに入り、オートライトを設定
2 enable               ←オートライトを使用するかの設定enableなら有効化、disableなら無効化
3 POSITION_LIGHT       ←ポジションランプと前照灯どちらの設定かを切り替える
4 threshold = 1        ←1から10まで閾値を設定する





○光度コントロール系
正直ハロゲンなんて使用するつもりは全くないのでメーター類のライトコントロールだけ考える。
メーター類はLEDにするつもりなので、PWMで制御する。
PWMで消灯から最大までパーセントで設定。

ライトコントロール設定時の液晶表示例
  12345678901234567890
1 CONFIG LIGHT_CONTROL ←設定モードに入り、ライトコントロールを設定
2 AUTO               ←周囲の明るさで可変させる場合はAUTO、直接設定する場合はMANUALモード
3 LIGHT_ON           ←前照灯を付けているときの明るさか、前照灯を消している時の明るさかを設定する
4 PWM_DUTY = ??[%]   ←デューティー比を0から100[%]まで設定する





○ターボタイマー
ターボタイマーは、主にエンジン保護のために用意する。
低温時には必要ないため、水温を○○度以上の状況でのみ動作させる。
動作温度は設定可能で、動作時は電圧が12.0Vを下回らないときに限り冷却FANを動作させる。
温度が上がってしまう、または変わらないと判断した場合はエンジンを停止する。

ターボタイマー使用時の液晶表示例
  12345678901234567890
1 TURBO_TIMER   ??     ←決めた時間がデクリメントしていき、0になったら停止する
2 VOLTAGE = ??.?[V]
3 TEMP W=??.? O=??.?
4                      ←なにを入れれば良いかよく分からないので保留



・書いてて思ったこと
PICで作ろうと思ったけど、この規模はさすがにきついのでは?
PICを使うとしたら間違いなくPIC18F以上少なくともタイマーは3つ以上必須で、I2C通信で液晶を使えたらピン数が少なくてすむ。
PICは駆動電流は20mA程度なので、機械式リレーかSSRは結構な数が必要。
あと、無線技術はまだ習っていないので勉強しなくてはいけない。
ちなみにこれすべてで2万円あれば十分おつりが出る程度だと思う。
高いのは温度計あたりと、液晶、リレーなど。
ここまで構成を考えたのだから作ってみたい。


追記:
デバッグモードがあっても良いかも?
正確にはデバッグモードではなく、故障診断と言った方が正確か。
なにをするかというと、ただ単に故障している箇所があるとエラーが表示されたり、ひとつひとつの場所をオンオフ出来たり。
日産車のとかはエアコンで故障診断とか出来るけどそんな感じにしたい。
そうすると、各場所にセンサが必要になって、凄く手間とお金が掛かるけど実用的っぽくて素敵。

あと考えたのは、エンジンの電スロ化。
これは結構危険な香りがするけど、これが出来たら超格好いい。
バイクが勝手にブリッピングしたら、みんな絶対にびびること間違いなし!
電スロ化で何がしたかったかというと、クルーズコントロール。
クルーズコントロールは、知っての通りアクセルをコンピュータが勝手に制御して一定速度で走行してくれる機能のこと。
正直これを自作する人は今まで見たことが無い。
ましてやバイク用に作るのはキチガイしか無いと思う。
これは案としてあげたけど、そんなに必要性を感じるわけでもないのでとりあえずやらない方向。

でも、一つだけやりたいことがある。
アクセルをコンピュータに任せるなんて怖すぎるけど、これは実害無し。
しかもちょっとめんどくさい作業だったりするから自動化すると恩恵は大きい。
その名も「チョーク」。
チョークとは、エンジンが冷え切っているときに燃料を濃くして送る為の装置。
正直キャブ車はチョークを使わないとエンジンが掛からない。
だからと言ってチョークを使ったまま放置すると燃料がかぶって悲惨なことになる。
そのため、チョークはエンジンの水温を検知して自動的に行われるべき物なのだ。
だから水温を検出しているこの装置ならば自動化も可能であろうというもの。
てか最近のバイクはみんなオートチョークとかいって自動なんだから俺が作れないはずがないw
だからこのシステムで、キーをオンにした瞬間(またはエンスタでエンジンをかけるとき)に、水温を検出して一定以下ならチョークを勝手に引いてくれて、スムーズにエンジンが掛かるよって感じ。
格好いいね!!w
しかも水温に段階的な閾値を設ければ、チョークをちょっとずつ戻してくれてチョークを戻したとたんにエンストってことも無いと思う。
出来れば、エンジンが冷間時はスロットルをちょっと開けてくれるシステムが欲しいけど、それは欲張りかな?
と書いている間にちょっと思いついた。
アイドル調整用のねじに割り込むのはどうだろう?
そうすればスロットルは関係ないから安全だし、冷間時にエンストする恐れがなくなって効率の良い暖気が出来る。
このシステムを開発したら売れるかも・・・。
夏休みにでも開発してみようかな。
学校の卒業研究より大がかりになったりしてねwww

では、今回はこんなところで失礼します。
進展があれば報告しますので興味がある方は声をかけてくれると嬉しいかもです。