2014年6月13日金曜日

また物欲が・・・

皆さんはパソコンをお使いになりますか?


私は学校でもバイトでも趣味でもパソコンは絶対に無くてはならないツールです。
24時間のうちの18時間はパソコンの前にいる生活ですので、やっぱり使いやすいのが一番ですよね?
私にとって一番使いやすいパソコンはMacBook Proですが、ソフトの都合上Windowsも必要になってくるため、自作機も使用しています。
ですが、自作機のモニターはフルHDです。
一方で私のMacは2560x1600ですので、画面の精細さが全く違います。

解像度=情報量ですので、それを表示量に振るか、精細さに振るかは自由です。
たとえば、MacのRetinaディスプレイは、この高解像度を精細さに振っていますので、文字がとても見やすく目が疲れにくくなっています。

試しにWindowsの文字とMac(Retina)の文字を比較してみました。





条件はどちらもMicrosoftのWordを使用し、フォントは明朝体でサイズは12です。
どうでしょう?圧倒的ですよね!


ですが、その分表示量は実質1280x800相当と表示量は犠牲になっています。
やっぱり表示量もある程度は欲しいです。
ならばどうすればいいでしょう?














そう、4kのモニターを買えばいいんです!!





















4kとは、解像度が4000x2000に近い解像度のため、大きい方の数字である4000は4000=4kであるため、4kと呼ばれています。
モニターによって細かい解像度は異なりますが、従来のフルHDとは比べものにならないほど高解像度であることに違いはありません。


そもそも4kのモニターを4kの表示量として使う人はほとんどいないはず。
なぜなら、その表示量はあまりにも多すぎるため、活用できるのは50インチ以上のレベルですので、もはやテレビです。
もちろん会議室や道路交通情報のような大きな地図で情報を表示するような業務には表示量こそが重要ですが、個人ではほとんどの人が必要ないでしょう。

ですが、Retina化をすれば、表示量は2560x1440または1920x1080相当で文字がものすごく綺麗に表示できてしまうんです。

いつかは絶対に手に入れたいと思います。
そのいつかは・・・・・・明日かもしれないですがw

0 件のコメント:

コメントを投稿